FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナポリターノ、タイムアウトでツール離脱!!
という残念なニュースがあああ・・・・。

ナポリターノ、活躍できぬままツールを去ってしまうのね・・・。
41分まではOKだったようですが、ナポリターノがゴールしたのは44分11秒!
Jスポーツの志穂さんのレポートが詳しいです。


カチューシャ、スプリンターチームなのに。
マキュアンもいない、ステーグスマンもいない、そしてナポリターノまでも。
残念です。



そして、またまた今更ですが。
そんなカチューシャの「ツール直前」のチミル監督インタビュー。

Чмиль: наша надежда на "Тур де Франс" ? Карпец
「チミル:ツール・ド・フランスではカルペツに期待」
(※相変わらず怪しい露訳で申し訳ありません)

■チミルさん、ツール・ド・フランスに向けたチームカチューシャの計画を簡単に教えて下さい。

希望を持っていない将軍(?多分カチューシャプロジェクトの例え?)というのは、ダメな兵士だよ。
我々の将軍の望みというのは、チームの成り立ちから始まっている。
今のところ、私たちの望み通りにはなっていないが、そうなってほしいと思っているよ。
大きな野心もあるし、財政面での補強も行っている。
そして、チームの選手達には、常に高いレベルのものを要求している。

ツール総合上位という観点からはカルペツに期待をしている。
彼にはそうするだけの過去の実績があるし、今シーズンの彼はかなりいい結果を残しているしね。
今年の彼はツールの準備に全てを捧げているんだ。


■ツールにむけた彼の今の準備状況は、何パーセントくらい達成できていますか?

ひとつ言える事は、ツール・ド・ロマンディでカルペツが2位になっていること。
そして、積極的な走りをしたことだ。
最終ステージでは、山で追いつこうとする、戦術的な果敢な走りをみせてくれた。
最終的にはクルイジガーに次いでの総合2位だったが、これはいい結果だよ。

ロマンディのあとで、カルペツは病気で調子を落としてしまった。
その後のツール・ド・スイス(本当の山岳ステージではなかった)では総合5位となり、ツールに向けて期待をもてる結果となった。
シーズンの中で、主要レースを勝ち続けるということは非常に難しい事だと考えると、いい仕上がりだと言える。
ツールは3週目が山場だから、そこで力を発揮できるかが鍵となるだろう。
ツール・ド・スイスはカンチェラーラのために作られたレースだった。
その中で彼なりに様々な試みを行っていたと思う。
チームとしては彼を中心にツールに臨む事になるだろう。

カルペツ以外にも、切り札となるエース達がいる。
再度ロシアチャンピオンとなったイワノフ、イタリアチャンピオンのポッツァート、そしてナポリターノだ。
ナポリターノは今シーズン4度優勝し、6回は2位だった。
他にも、トルソーフ、ボチャロフ、オラク、ヴァンデンベルフらがゴールを狙う。
イグナチエフにはオリンピックの時のような走りを期待したい。


■カルペツがステージで勝つのは少し難しいように思いますが、どのようなアプローチをするのですか?

多くのことは心理的なものだと思う。
彼は総合争いをするために、3週間努力し続けなければならないことをわかっている。
ステージでも勝利し、突然の分断にも引き離されない選手が最終的に優勝する。
常にいい精神状態でいることができれば、彼にもチャンスはあるだろう。


■ツールの総合優勝有力候補は誰でしょう?

秘密にする事でもないが、ここ数年のレース界というのは、60、70,80年代で私がみたものとは別ものになっている。
様々なタイプの選手達がいて、クラッシックレースを目標にする者がいるようにみんなそれぞれだ。
メルクスの時代とも違う。
昔と同じようにはいかない。
だから、優勝候補をあげるなんて時間の無駄だよ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はこのインタビュー、前後編で、後半はナポリターノについて語っております。
ちゃんと読んでいませんが、「ナポリターノに期待!」という内容ではないかと。
・・・・・・・・・。


重ね重ねナポリターノの離脱は残念です。
ナポ~~~~!!!
あのゴリゴリとした重い走りで勝ってほしかった。
ポディウムであのヒゲ面がみたかったよ~~!






Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。