FC2ブログ
今回は急遽マニアックな話題です!

猫林@ザンビアさんより「ニコライ・アルバ・コウダーダの違いとは?」というコメントを頂きました。昔ストレリチアで壁にぶつかった私としては期待に応えなければ~!と意味もなく力が入ってしまいました。苦笑 そして、今回の話題が今も花屋で働いている友人達の参考になれば嬉しいな~~と。

hanaki0046L.jpg

今回の準主役「ストレリチア・レギネ」


でも・・私がいろいろ書き連ねるよりもですね・・こちらのHPを見ていただければ終了なんです。はい!
ストレリチア植物園!!!!

長野でストレリチアを中心に様々な植物を栽培されている方のHPで、私自身も花屋時代に大変お世話になったHPです。
そして今回ブログ掲載にあたり快くお返事いただきました。
ありがとうございます!


で、猫林さんの疑問「ニコライ、アルバ、コウダーダの違い」なんですが、花が咲かないとわからないそうなんです!ひえ~~!なぜかというと花にしか大きな差がないようなんです。
3つとも有茎種のストレリチアで花にだけ微妙な差があるそうです。

・ニコライ(有茎ストレリチアの代表)
・アルバ(花の花弁まで白い有茎ストレリチア)
・コウダーダ(花の下萼片に特徴がある)

ちなみに日本で栽培されているもの(=販売されているもの)でアルバ、コウダーダと呼ばれていても「ニコライ」であることが多いです。そして、ニコライは「ストレリチア・オーガスタ」として出回ることがほとんとです。

また、レギネ系とニコライ系の違いは成長点の違いです。
成長点が地上近くにあるレギネ系は高さがほとんど変わらず、横に成長しますが、成長点が常に茎にあるニコライ系はどんどん伸びるそうです!これ、購入したお客さんにとってけっこう大事なポイントですよね!花屋のみなさん。

あとは葉もかなり違いますが・・・ストレリチア植物園さんをみていただければ、全て解決かと!


南アフリカ原産ということで、ザンビアでは自生のストレリチアがみれるそうです。おまけにジャガランダや、ポインセチアの木も自生しているそうです。花屋で鉢植えにされている姿からは想像できない、自然の力強い姿をみると感動しますね~。


は~改めて植物ってやっぱり面白いです。違いを調べる為に様々な本やHPを調べた結果・・・ストレリチアが欲しくなりました・・ああ!これ以上植物を増やしたら家族にしかられるというのに~~~!ツピダンサスでさえでかくなりすぎて、怪訝な顔をされているというのに~~~。

tupi.jpg

我が家で一番でかい顔をしているツピダンサス。


ま、植物のある生活はすばらしいってことで!
Secret