上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GWの混雑をさけ、新潟に帰省している間に終わってしまった、ツール・ド・ロマンディですが・・・・
カルペツが総合2位で終えていました!!!
ひゃああ~~~~!!!

podi.jpg
photo by CYCLINGTIME.com
しかし、いつものむっつりカルペツです。


第4ステージ。
vas como una Bala Verdeによると、カルペツが「上りでアタックして、ぐいぐい上っていた」とのこと。
あああ!見たかった!!!
結局このステージで、クルイジガー、ターラメエ、についで7秒遅れの3位でゴール。
総合ではクルイジガーに18秒遅れの2位。


山を登るために体重を落とし、今まで得意だったTTでの勝利も遠ざかっていた日々。
でも、やっと山岳でステージ優勝はできなかったけれど、いい走りができた今回の走り。
嬉しいです・・・・。。。

カルペツの勝利の中でTT以外の勝利といえば、2008年7月にPrueba Villafranca de Ordiziaで逃げて勝ったステージ優勝くらいしか思いつきません(2008年の優勝もこれだけだけど・・・)。

やっと、ここにきて成果が出始めた!?


翌日の最終日はスプリント勝負となったため、前日の18秒がそのまま総合のタイム差となって、2位でロマンディを終えたわけですが・・・・・去年までの、最終日にITTだったら!とたらればで悔やむようなレースでした。


でも、クルイジガーも応援したい選手だし・・・・・そうか、カルペツとクルイジガーはタイプ的にも似ている二人なのか・・・と気付き、これからが心配です。
二人とも勝利を狙う場所がかぶってしまいますからねえ。
でも、贅沢な悩みというやつなので、我慢ですよ。ふふ。


第4ステージ後のカチューシャHP

「ツール・ド・ロマンディの第4ステージはカルペツにとって良いレースとなった。
ヴラディーミルは、ステージ3位を勝ち取り、総合でクルイジガーに次ぐ2位にジャンプアップした。

カルペツ 『今日のクルイジガーは俺よりも強かった。でも、俺の今シーズンの目標はツール・ド・フランスだから、ツールに向けて良い状態だってことに満足さ!(俺様風訳)』」

翌日のカチューシャHP

「ヴラディーミル・カルペツは昨日の第4ステージを3位で終え、最終的に、ツール・ド・ロマンディで優勝したクルイジガーから18秒遅れの2位を勝ち取った。
カルペツにとって今シーズン最初のポディウムだ。
今日、ラボバンクのオスカル・フレイレがジュネーヴへの最終ステージで勝利した。

カルペツの総合2位のお陰で、チームカチューシャはUCIランキングでクイック・ステップに次いで2位となった。
新チームにとってシーズン序盤を14個の優勝、21個の2位、4個の3位で終えるというのは、重要なポイントだ。」



ジロのメンバーにもカルペツの名前は無かったため、ツールが今期の最大目標のようです。
カルペツ自身もそうコメントしているし・・・。ふふ。
でも、去年のことがあるから、正式発表まではじっと我慢の子です。


とりあえず・・・・
初ポディウムおめでとう!!!!


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。