FC2ブログ
行ってきました!ジャパンカップ!
以前、明治神宮外苑学生自転車クリテリウム大会に行ったことがあるだけの、レース観戦ど初心者にとって、この一日は何もかもが感動でした。
クネゴやバッソ、ヴィスコンティにヴォクレールという有力選手が来日して、目の前を走る!という事以外にも、応援する観客のみなさん、そしてレースそのものを生で見れることが、こんな楽しくて面白くて感動するものとは思いませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝6時に東京の自宅から友人たちと車で出発。
途中渋滞はあったものの、9時すぎにはろまんちっく村駐車場に到着。
んが、スタートゴール地点に向かうシャトルバス待ちは長~い列。
結局、待っている間に通行止めになる時間帯になってしまい、バスは射撃場までしか行かない事になってしまいました。
シャトルバス代100円も返金していただいて、逆に申し訳ないような・・・。

bus1026.jpg
えらくレトロでかわいいバス。

tiyo1026.jpg
千代助はカバンにいれてバスへ。
早起きにドライブにと、この時点でうんざり顔・・・笑。



射撃場からは歩いてスタート地点に向かいます。
上空にはヘリが飛んでいたり、地元のおじいちゃん達がのんびり田んぼの脇で観戦していて良い感じ。

てくてく歩いているうちに、いよいよ選手達が来るようです。
おおお!緊張!
白バイや車に先導されてやってきたのは、日本人の3選手。
結構な登り坂なのに、早い!

少したって集団です!
あああ~~!このなかにクネゴが!バッソが!なんて思っているうちにあっという間に集団は通り過ぎていきましたよ。
(この時点で私は本日写真を撮ることをあきらめました・・・)
1011026.jpg
というわけで、ここからの写真は友人のプロカメラマンが撮った画像を頂いて掲載です。
ロードレースの写真は初めてだったそうで、「9周目くらいでやっとコツがわかったよ~!」とかいってたけど・・・いやいや、恐るべしプロ。
ありがたく画像頂きます。
(しかし、すばらしい画像をブログ用に縮小してしまっているので、申し訳ないっす・・)


そしてまたてくてく、今度は鶴CCのあたりで集団です。
頑張れー!アレー!ヴァイー!とか適当に叫んでいるとあっという間に通過!
ここでもやっぱり、選手を見分ける事ができません。
ほんとうにクネゴがいるのかい?
202.jpg
集団先頭で走るヨアン・ジェーヌ(ブイグテレコム)。


やっとスタート地点にきたけれど、ものすごい人人人です!
とりあえず、サコッシュ・Tシャツつきパンフレットを購入し、古賀志林道をめざします。

imanakas.jpg
途中、遠くに実況をしている今中さんを眺めつつてくてくてく。



釣り堀を過ぎた登り口くらいで、やっとお昼休憩をしつつ、レース観戦。
おにぎりうめえ~とか食っていると、「栗村さん頑張って~~!」という声が。
目の前には、おっきなカメラを背中によれよれと自転車をこぐ栗村さんが!笑。
とりあえず、まわりの皆さんと一緒に応援しました。

あれは何かの罰ゲームですかね?笑。



そして。
ここでやっと、クネゴとバッソを目で確認できましたよ!!
2021026.jpg
いろんなところで、皆さんが書かれていましたが、バッソのアルカイックスマイルは何でしょう?
私にはただひたすらにレース復帰を喜んでいるようにみえたのですが・・・・もともと走っているとああいう表情になるのでしょうかね?
それにしても楽しそうなバッソ!

2031026.jpg
クネゴも確認。ものすごく真剣なまなざし。

2011026.jpg
名前はわからないのですが、トレック・マルコポーロサイクリングチームの選手達。


集団が走り去るたびに、林道を上へ上へと登っていくのですが、どんどん観客が多くなっていきます。
集団が通り過ぎるときの声援もすごい!
いや、本当に楽しい~~~~~~~!

3011026.jpg
逃げ続ける、野寺選手(スキルシマノ)、柿沼選手(ブリヂストンアンカー)、福島選手(梅丹本舗・GDR)の3人。

4011026.jpg
鈴木真理選手(スキルシマノ)!かっこいい!

そしてやっと辿り着いた頂上!
もう残り3週くらいだったので、そんなには混雑していなくて、レースもよく見れました。
ここで餃子を食べたり(屋台ものにしてはおいしかった~)、焼きそば食べつつひたすら応援。

5011026.jpg
エースクネゴをアシスト陣がサポートして走り抜けていきます。

tiyo21026.jpg
この日の千代助は気合いをいれて、手作りマイヨジョーヌを着せていったせいか、いろんな方に声をかけていただく事ができました。
でも、そこつ者が作っただけに、私はクネゴのゼッケンナンバー「1」のつもりだったのですが、しょっちゅう「あ!あの犬11番だ!」と言われました・・・。
残念・・・。

犬はというと全然楽しめてなかったようでした。
ふてくされてます。苦笑。
tiyobu1026.jpg
今年のツール土産で頂いた、ブイグ帽子をむりやり被せて応援です。


ラスト2周の頂上。
6011026.jpg
クネゴとバッソが先頭で駆け抜けていきます!

6041026.jpg
アップにするとこんな感じ!まだまだバッソスマイルですよーーー!
おもしろくて、興奮してゾクゾクしましたよ!

6021026.jpg
二人を追いかけるヴィスコンティ!

6031026.jpg
さらにおくれてヴォクレール!


ここで、いよいよラスト1周に向けて山を下ります。
途中、いつもとってもお世話になっているゆるコミのカピバラ編集長にご挨拶することができました。
ありがとうございます~!

がめんださんの応援横断幕をみてレースを盛り上げるのはやっぱりファンだなあ~!と。
選手を応援する、そしてレースを楽しむ、自転車ロードレースはやっぱりファンの愛あってですよ!と実際にレースに来て改めて実感しました。


そして、下りの途中に最終局面が。
下の方からすごい歓声がどんどん上がってきます!
「二人が逃げてる!」
「だれ!!??」
「バッソだ!クネゴだ!」という歓声が聞こえてくるのです!!!

9011026.jpg
逃げる二人。バッソがちらりとクネゴをみてます。

9021026.jpg
!!

9031026.jpg
追いかけるランプレのアシスト達と土井選手(スキルシマノ)!


さあ、後はゴール結果を待つのみだ!とりあえず、誰かのラジオで、結果がわかるでしょう~!とゴール地点に向かって下ります。

9051026.jpg
お疲れのアシスト、ケムヌールとジェーヌがお話をしながら最後の登りを上がっていきます。
「うちのエースはどうかなあ~~?」
「そんなことより、今日の打ち上げはどこなの?やっぱ餃子?」

写真を撮ったカメラマンの友人が勝手に脚色してました。笑。
いやいや、お疲れ様です。



そして、やっぱり下りの途中で「クネゴ優勝!」の結果を聞くことができました。
ゴールシーンはみれなかったけど、遠くから表彰台もみれたし、大満足です。
クネゴの優勝を信じ、ゼッケン「1」を千代助につけてよかったよ!!!!!!



その後、ろまんちっく村駐車場行きのシャトルバルに乗るために1時間くらい待ちましたが、日本人選手のみなさんが、この行列の横を自走して帰って行くわけです。
そのたびにわきあがる拍手と「お疲れ様~~!」という声声。
選手達も笑顔で「ありがとうございました~~~!」といいながら通り過ぎていって・・・。
ものすごく暖かい気持ちになりました。


つねに、エースクネゴのためにチームとしてコントロールしていたランプレ。
そして、各チームのエース達の真剣な勝負。
周回が進む度におもしろい展開になっていくレース。
そして、選手達みんなに声援をおくる観客の人人。

どれもこれもが、本当におもしろくて感動でした。
自転車ロードレースのファンになって本当によかった!と思った一日でした。


同じく初観戦だった友人が「ツールを目の前で見たらきっと卒倒しちゃうね。」と言っていた気持ちがよくわかります。
ジャパンカップでこの感動ですからねえ。

日本にいてロードレースを生で見る機会は本当に少ないし、ましてや海外の有力選手達の走りを目の前で見れることはほとんどないわけです。
普通のファンはテレビ中継で応援するしかないのが現状なのを考えると、ジャパンカップはすごい大会なんだな!ジャパンカップありがとう!につきます。


いやいや、本当に感動しました。
来年も絶対にまた来ような!と友人達と話しながら帰路についた、長い一日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い観戦日記を最後まで読んで頂きありがとうございました。







Secret