FC2ブログ
連日ツール・ド・スイスを見ているので、とっても寝不足です。
開始時間24時05分て!!

今年は去年の総合優勝だったカルペツが出ていないので(涙)、純粋にレースそのものを楽しめています。

マキュアンが2勝したり、アントンがリーダージャージを守ったりと、わくわくする毎日ですが・・・
ですが・・・・

昨日のフランク・シュレックの落車には心臓が止まるかと思いましたよ!
バイクだけを残して、本人が崖に突っ込む姿をみたときには・・・最悪の事態なども思い浮かべてしまいました・・・。
でも、レース中に本人が崖を登って普通にしている映像が映り一安心。
その後、タイムこそ失ったものの、大きな怪我もなく完走していて本当によかった。
シュレック自身も、身体が無事だった事に感謝といったゴールシーンでした。


にしても、この大落車でまっさきに頭にうかんだのが、F1、2007年のカナダグランプリでのクビサです。コンクリートの壁に激突し、クビサの安否がわからなかったあのレースもリアルタイムで見ていました。その後、命に関わるような怪我がないと知り、本当にほっとしたものでした。

そして、クビサはあの大クラッシュから、憑きものがとれたように、早く強くなったような気がするんです。
今年は、奇しくも同じカナダでポーランド人として、そしてBMWザウバーとしても初の1位を獲得していますし、あの事故でクビサの何かがかわったんじゃないのか!!!!????


今回のシュレックの「落車・でも怪我なく生還」はあのクビサのようになるのでは?という気がしてならないのですよね~。
普通なら死んでしまっていてもおかしくないような事故から、元気に戻ってきた人ってきっと何かがかわるんじゃないかと。

ということで、これからのスイス後半、そしてツール・ド・フランスに向けてフランク・シュレックからも目が離せません~~~!
Secret