FC2ブログ
ジロが終わってしまいました。
今年はリアルタイムで全レースを見ることができました。
あまりに面白くて熱中しすぎて、終わった途端にぷつりと電池がきれてしまったようです。笑。
連日かかさなかった情報収集など、ロードレースに関する事は何もしなかったここ数日。
やっと、レース後のインタビューなどを読んでいます。



第18ステージは今年の世界選手権のコースを使った、大きなのぼりはないけれど、登って降りて登って降りてをくりかえし、カーブも多くて難しいコース。
逃げ集団の中から一番登りで厳しそうにみえたフォイクトが、早めにしかけそのまま逃げ切り優勝!
逃げ集団にベッティーニがいたので、ほかの選手達はベッティーニの動きに翻弄されて、フォイクトの逃げが追い切れないところにきているのに、気がつけなかった・・といった感じでしょうか。
確かに、もしかしたら引退するかもしれないベッティーニの最後のジロでのステージ優勝がかかったレースとなれば、みんなマークしますよ!



第19ステージは今年のジロ最後の山頂ゴール。
優勝したのは逃げ続けたティンコフのキリエンカ!
そして、なんといってもディルーカの攻める走りと、彼をサポートするチームのすばらしい働きがジロを盛り上げてくれました。勝利を狙うためには、動かなければ始まらない!とばかりに、しかけ、最終的に首位のコンタドールから21秒差の3位にまで詰めたディルーカ!
ここまでの走りをみたら、ディルーカにマリアローザを着て欲しかったけど、コンタドールは常にしたたかで堅実だった・・・。コンタドールは若いのに落ち着いた走りをするよなあ~~~~。



第20ステージはにわかカルペツ祭りで先にアップしてしまいましたが、ディルーカが前日の反動で総合陣からダウン。セッラが強さを証明したレースでした。
セッラの逃げの走りにタイムを広げたくないブルセギンにメンショフ。二人が中心に必死に先頭集団を引くのだけど、コンタドールはあえて?バナナを補給したりしてて余裕ですよ~~~苦笑。



最終ステージの第21ステージはド平坦(若干下りぎみ)の個人タイムトライアル。
カルペツの活躍を期待しましたが、連日の山で使った足が動きませんでしたねえ。。。。。
ピノッティが優勝!
そして、リッコとの4秒差を守りきりコンタドールが総合優勝。
2位にリッコ。3位にブルセギン。そしておしくも4秒差で4位のペリツォッティ。5位にメンショフ。
という結果でした。


いやいや、毎日毎日おもしろかったです。ジロ。寝不足になりました。
しかし、コンタドールの総合優勝よりもセッラの山岳でのステージ3勝よりも、マリアローザを着るヴィスコンティをアシストするベッティーニとか、ディルーカのアシストをするサヴォルレッリの姿が一番心に残りました。

19ステージのサヴォルレッリのアシストはすばらしかったし、そのアシストにこたえてひたすら攻めの走りをするディルーカはかっこよかった・・・。一番見ていてドキドキして、おもしろかった瞬間だと思います。
最終ステージの解説中に白戸さんに
「でも、サヴォルレッリは過去の優勝経験者として、今ディルーカのアシストという立場にいるのは、心情的にはどうなんでしょうか?」
といった質問をされた永井さんが、普通に
「いや、サヴォルレッリが優勝したときだって、こういったアシスト達に支えられて優勝しているのは彼自身よくわかっているでしょうから、今度はそういい立場になったという事でしょう。」
というような解答をされていて。
もう、それがロードレースのずっと昔から変わらない姿なんだろうけど、あらためて感動してしまいました。
だからこそ、19ステージのサヴォルレッリとディルーカとチームメイト達が輝いているんだよなあ。と。



【見せ場のなかったウラディさん】
ST18 45位   7.51秒遅れの大集団にてゴール
総合  32位   32.33秒遅れ

ST19 125位   36.53秒遅れ
総合  42位   1.03.05秒遅れ  

ST20 14位   5.27秒遅れ   
総合  31位   1.07.02秒遅れ 

ST21 22位   1.08秒遅れ
総合  31位   1.07.31秒遅れ

2539625738_984bc9c7fd2.jpg

photo by PJ's Photo's
チームTTにそなえるカルペツ&プリト。


カルペツは結果は全く残せなかったけれど、何度か山岳で逃げようとしたし(失敗したけど)、いつもの先頭集団で山を越えるのはできないけど、ちょっと遅れてマイペースに山をこなすという走りもステージによっては(?)健在だったしなあ。

去年の今頃はカタルーニャ一周で総合優勝して、2位のメンショフとニコニコしていたのに・・・今年は厳しかったなあ。苦笑。
でも、山岳が苦手なカルペツにとって、久々のジロはいい刺激になったのではないかな。
プリトも優勝こそなかったけれど、常にいい走りをしていたし。
この二人のバルベルデのアシスト&ステージ優勝を狙ってのツール出場を今から期待です。
(今年はさすがにツール・ド・スイスにはでないのではないだろうか・・・?)



ジロ終わったばっかりだけど、・・・・ああ、早く急いで帰ってきてライブ中継が始まる日々にならないかな。



Secret