上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年ジロのコース発表がありました。

今年のチャンピオンですから、もちろんメンショフも参加。
とっくにオフに突入し、奥様とタイ旅行に行ったり、ロシアの地元でのんびりしたり、トレーニングしたりしていたようですが、久々に元気そうな姿で登場です。

メンショフHPより、2010年のジロに向けたコメント。

「私は本当にいいクライマーですよ。
ベストの状態だったら、登りで充分に自分の力を発揮することができます。
2008年のジロも5位という悪くない結果で終えています。

もし、本当に来年のジロで優勝したいのなら、今後の準備を変更するのみです。
そうすれば、勝てるチャンスはあると思います。

最終週にある伝説的な登り、モルティローロやゾンコランのステージが楽しみです。

どのレースが自分に向いているのかわからないので、まだ何とも言えません。
ジロの山々も気に入っていますし、ツールのコースも気に入っているのです。
ただ、ジロもツールも今年同様、非常に難しいものになるでしょう。

2010年のジロは、前半にスプリンター向きのステージがあり、後半に厳しく重要な山岳ステージがある古典的なルートだと思います。
いいコースだとわかった以上、近いうちにチーム監督と来期のスケジュールを決めたいと思っています。」


ジロ&ツールでいくのか?ジロ&ブエルタでいくのか?それともツールにしぼるのか?
じっくり監督と相談して決めるようです。
メンショフとしては・・・ジロとツールに出たいようですが。
とりあえず・・・ゆっくりシーズンオフを満喫して下さい。


イタリア人に囲まれて・・・
なんというか・・・メンショフだけリクルート的なサラリーマン的な感じにみえるのは、周りがイタリア人だらけだからか??
ポッツアートはいいとして・・ペタッキってやっぱりカッコイイのな~~~。




スポンサーサイト
その2では、あんまり(全然?)レースとは関係ない事などを。

10/24。前日の話。
今年こそは、前日から宇都宮に乗り込んで、「チームプレゼンとか見る!」と意気込んだものの・・・私以外は、みな仕事が休めず・・・。あ~~。

しょうがないので、明日の準備などをしていたら、友人(男性)が、「明日のご飯用にタンドリーチキンつけ込んだから焼かせてくれ!」と持ってきた。
ので、焼いた。

dhiken1024.jpg

うーまーそーう!
あまりに美味しそうな香りがするので、友人に頼んで一つ試食させていただきました。
ふふふ。美味い~~。
しかし、私がおにぎり担当で、友人(男性!)はタンドリーチキンに煮卵も用意・・。
ま、いいんです。


てなわけで、早寝して、当日は4時に起床です。
5人分のおにぎりを作り、友人が持ち込んだチキンやらをせっせと詰め込み、6時には東京を出発。


去年、何も考えずに、高速のSAや、コンビニに寄り道してロマンチック村についたら、予想以上のお客さんでシャトルバスが遅れ、射撃場の手前までしかバスで行けず、一周目を鶴CCの坂で向かえると言う結果に終わり、帰りもシャトルバスを一時間以待った教訓(・・長い)から、今年はノンストップで会場を目指します。

おかげで、射撃場の駐車場に止める事ができ、9時にはスタート地点到着。



レース中は、古賀志林道をいろいろ場所を変えて観戦。
もちろん、千代助も今年も一緒です。

jc0907.jpg
来られなかったシュレック兄弟への思いをはせて、ルクセンブルグ旗も持参!
ゆるコミさん企画ありがとうございました!)
しかし、犬テンション低!!
せっかく手作りの毛ガニジャージだというのにー。

え~、まず我が家の千代助は、服を着る事が嫌い・・。
服やら、遠出やら、ご飯少ない(ドライブだからケロリ防止)、人混みなどいろいろが重なり、げんなりだったご様子。
色んな方に「毛ガニ犬だ!」と声をかけて頂いたにもかかわらず、愛想のない犬で(人も・・)申し訳ありませんでした・・・。

jc0914.jpg


でも、毛ガニ犬のお陰で、色んな方にご挨拶できたので、千代助様々でもあります。
声をかけて頂いた皆様、ありがとうございました。

おまけに、頂き物まで!
kegani1025.jpg
毛ガニちっぷす!おお!
本当にありがとうございました。

今晩、頂く予定♪うふ。


しかし、今年は人が多かったですね~。
去年から見始めた私でも「人が増えている」と感じたので、何年も前から観戦されている方にはどのように映ったのか。

なので、いろんなところが混んでいて、結局、会場で購入して食べたのは「なまず汁」のみ。
おにぎりやおやつで、お腹は空かなかったけど、寒かったのでね。
暖かいもの食べたかったんですよ。
うどんはもう売り切れだったのでね。
味は・・・・とにかく、あの寒さだったので暖かいものは嬉しかったです。
ほんと、今年も雨が降らなくてよかったよ~。


去年頂上で食べた餃子も探してはみたものの、頂上もすごい人で、餃子探しも断念。
焼きそばと肉まんみたいのがあったのはわかったけど・・餃子あったのかな??

帰りに餃子を食べて行く?みたいな話もでたのですが、犬もいるし、帰り道も混むだろうしということで、餃子もあきらめ、トップ3名の表彰だけをみて、帰路につきました。

この頃には、千代助はもうぐったり。
jc0908.jpg
でろーん。

jc0913.jpg
ぐで~ん。

選手達が走って来るときは抱えているとはいえ、基本てけてけ歩いて行動していたので、疲れ切ったのでしょう。
帰りの車もす~す~寝てました。


しかし!
この帰り道が大変だった!
大渋滞だよ!事故やら故障やら火災やら!!!
い~~や~~~~~~~日曜夕方の高速、恐るべし。


帰り道のロマンチック村で買った「お土産用餃子」をみんなで食べる予定だったのに、あまりにも帰りが遅くなったので、友人達を家の近くや、最寄りの駅で降ろして「はい、さようなら~」。

レンタカーも返却して、近所の友人と3人で餃子を食べたのはもう10時を過ぎておりました。
gyoza1025.jpg
それでも、餃子食べたかったのです。
疲れ切ってへろへろだったけど、美味かった・・。



こうして長かった一日を振り返ると・・・。
ああ・・来年が楽しみ・・・。

今年はなんといっても毛ガニの来日。
プリトの走りを目の前で見ることができたので、本当に感激でした。
毛ガニ犬で、応援もできたし。

フォイクトさんも応援できたしさ。


今年が大満足だったからこそ、楽しみは来年。来年ですよ!
あ~~~早く来年のジャパンカップこーい。
(って去年も同じ事言ってた気がするが・・まあいいや♪)


ジャパンカップ行ってきました。

目の前をプリトが!
モレーノが!
フォイクトが!
・・・!
・・・!
・・・!

と大興奮の一日でした。
楽しかった。
(そして、寒かった・・そして、帰りの渋滞がひどかった。涙。)

今年も、写真は友人(プロ)にまかせ、ひたすら応援してたので、写真は友人からの頂き物です。
(しかし、ブログ用に縮小してしまい、良さが半減以下・・・K君すみません。)


jc0909.jpg
スタート前のコース。
この静けさに、かえって緊張です。


jc0910.jpg
一週目、余裕の表情にみえる新城選手。

しかし、前はプリト!後ろにはバッソとフォイクト。
ここは日本だよね?と疑いたくなるような光景。


jc0901.jpg
野寺選手。
そして、後ろはプリト!


jc0902.jpg
ラーション。
でかいから?サングラスのフレームが緑だから?よく目立ってました。


jc0903.jpg
左から、プローニ(ISD)、野寺選手、プリト、コーボ、デラフェンテ、バッソ。
道路いっぱいのラーションペイントも含め・・・・・・・・なんだか豪華。


jc04.jpg
ブリッツェンの廣瀬選手が、頂上を通過。かっこいい。
山岳賞がかかっていたのですね。



jc0904.jpg
フォイクト!
目の前でフォイクトが走る姿を見れるとは・・・・。
細いけど、やっぱり大きかった!
迫力なのか、オーラなのか、やっぱり目につきます。



jc0911.jpg
残り2周の古賀志林道。
選手達の必死な表情に、みているこっちも熱くなります。


jc0905.jpg
最終周回、一人で林道にやってきたクリスアンケル・セレンセン。
気迫が!


jc0906.jpg
同じく最終周回。
逃げているセレンセン、追いかけるプリト達の少し後ろで必死に走る新城選手。
がんばれ!!がんばれーー!!



ここで、そのままレース観戦は終了して、林道を下りながら、ラジオ片手に結果を待ちました。
追走に毛ガニが3人いたし、目の前でみたラストラスのアタック(?)がすばらしかったので、これは毛ガニの誰かの優勝だ!と思っていたのですが・・・。
逃げていたセレンセン、強かったです。
おめでとう===!!!


モレーノがなんとか2位に入ってくれたので、毛ガニ応援隊としては満足です。

しかし!モレーノ、ロットに移籍だなんて!ジャパンカップ当日に知ってびっくり。
エヴァンスはこれでやっと本当に力になるアシストを手に入れられて、良かったね~。
とは思うものの、毛ガニも心配・・・。



jc0912.jpg
表彰式の横で、気さくにファンのサインや写真撮影に応じるエルビーティ。
気づいて、ああ!記念撮影を!と思ったときには、ささ~っと帰って行ってしまいました。
残念でしたが、こんな姿を見れたので、それもまたよし!



今年は射撃場の駐車場に車を止めれたので、午後3時半には帰路に向かえたのですが・・・・
そこからが長かった!!!!!!!!!
東北道は、事故やら故障やらで渋滞に次ぐ渋滞・・・。
へとへとになって、友人達を送りながら、なんとか9時すぎに帰宅・・・。
遠くなかったのに、長かった・・・・、お疲れ様でした。



長くなってしまったので、レース以外のいろいろは、その2に続きます。


前回の「鳥」編に続き、今回は「花」編です。


花鳥園といえば、鳥がメインのようですが、花もきれいなんです!

kf07.jpg

kb09.jpg

レストランや休憩スペースの上に広がる、花!花!花!
ベゴニアや、ゼラニューム、ペチュニアなどなど。

風邪気味だった私たちですが、この下でぼ~っとしているだけで、元気になりましたから。
恐るべし、マイナスイオン!


kf06.jpg
花のハンギングだけでなく、植物のハンギングも素敵でした。
友人曰く「ここに住みたい・・・。」
わかる!わかるよ~その気持ち。


kf01.jpg
鳥たちが飛び回る下には、熱帯性睡蓮の巨大プール。
いろ~んな睡蓮が咲いてました。

kf03.jpg

kf04.jpg

kf05.jpg

kf02.jpg

とにかく、きれい。
それぞれの睡蓮にちゃんと名前が表示されていたのですが・・・そこまではチェックできず。
いろんな種類があるもんですね。



kf08.jpg
そして、エンジェルストランペットの巨木。
新潟の実家にもこの木はあったので身近な植物だったのですが、こんなに大きくなるとは知りませんでした。

掛川花鳥園作出の新品種などもあるようで、まさに「花鳥園」なんだなあ~と実感。
新品種の八重咲エンジェルストランペットは豪華で素敵でした。


ほかにも、ツル園を覆うすごい面積の西洋朝顔や、いろんな種類のコリウス、名前もわからない様々なハンギング植物に感動しました。
やっぱり、すごいとこです、掛川花鳥園!




旅自体は・・・というと。
行きのグリーン車で、旅気分全開で、友人作のお弁当を楽しく食べていたのはいいけれど、運悪く隣に座られたサラリーマンの方の肩身が狭そうだったなあ・・・とか。

花鳥園から静岡に戻って、帰りの高速バスを予約しようとしたら、東名高速の集中工事で、乗る予定だった高速バスが運行停止になっていて、静岡で夕ご飯の予定をあきらめて、5分後に出発するという高速バスにギリギリセーフで乗車したり。

風邪気味だったのに、無理して頑張った友人1名がその後、一週間ダウンしたり。
と・・・いろいろありましたねえ。


いやいや、よい旅でした。
静岡地方へお出かけ予定の皆様!
是非是非、ちょっと足をのばして、掛川花鳥園までどうぞ!
本当に、お勧めです!(花鳥園の回し者??)




先日、友人達と女4人で静岡の、掛川花鳥園へ。
片道5時間かけての旅でしたが、楽しかったですよ!

今日はまず、「鳥」編です。


kb01.jpg
たくさんの種類の猛禽類。
それがどれやらわかりませんが、とにかくみんなかわいい。


kb10.jpg
アフリカオオコノハズクのポポちゃんと記念撮影しました。
うほほほほ~~~!


kb02.jpg
コガネメキシコインコ。
この子達は、気軽に肩や頭の上に乗ってくれました。
群れをなして、睡蓮プールの上を飛ぶ姿はまさに楽園!


kb03.jpg
ちょこんとした姿がかわいい、キンムネオナガテムリク。


kb05.jpg
オニオオハシ。
ここのアイドルといえば、やはりオオハシじゃないかと。
繁殖中とのことで、2羽だけでしたが、会えてよかったよ~。


kb06.jpg
色がとってもきれいだった、クジャク。


kb07.jpg
個人的に一番のお気に入りだった、オウギバト。
何とも言えない青の色が本当にきれいできれいで!!!


kb08.jpg
友人にえさをねだるエミュー。
私は柵の中に入りませんでしたが(弱虫)、友人達は雨にもかかわらず、きゃっきゃきゃっきゃ楽しんでました。
エミューのえさくれくれ攻撃にも負けてなかった・・・尊敬。
友人達曰く、怖い顔に似合わず、かわいいんだそうです。


kb04.jpg
ペンギン。
友人達はペンギンとも記念撮影してました。
しかし、もちろん私はカメラマン(弱虫)!



鳥・・・見ているのは楽しくて好きなんですが・・・いまいちガシガシ触れない弱虫な私でして。
友人達が楽しんでいるのを、写真に撮っているくらいが丁度よかったです。

でも、ポポちゃんだけは、勇気を出して記念撮影しましたよ!



この掛川花鳥園、実は3年前くらいも一度訪れたことがある場所。
そして、私のブログ第一回目の内容が、この花鳥園だったのです。
(ブログ自体は、引越しております。)
第一回目の「Capitão」
なんか、なつかしいなあ~!


久々の訪問でしたが、鳥も花も変わらず、きれいでかわいくて楽しかった!
心洗われる素敵なスポットです。




2009.10.10 秋色
台風一過の10月8日の夕暮れ。
東京はきれいな空が広がってました。

mtfuji1008.jpg

朝から出社だった方は、電車の運休などで大変だったようなのですが、
午後から出社の私は、いつも通りの時間ですら~っと仕事場に到着。

今日はきっと富士山が見えるに違いない!とふんで、カメラをもって出社する始末。
大変だった皆様に申し訳ないです・・・。



そして、台風が通過したら、急に金木犀の香りが。
お~~!もう金木犀の季節かあ!

探してみたら、咲いてました。

kinnmoku1008.jpg
金木犀の巨木。
秋の香りをふりまいてました。


他にも、散歩中にみつけた、秋の色色。

kori10928.jpg

kori20928.jpg

コリウスって、なんでこんなにいろんな色や形があるんでしょうね。
きれいです。

ここのお家はコリウスをきれいに寄せ植えして、見やすいように通りに並べてくれてます。
それも、毎年。
たまに、「ご自由にどうぞ。」と小さいコリウスの苗が置いてあることも。
なかなか、育てるの難しそうなのに・・すごいなあ!と毎年感心です。



最後は夏の残り香のような朝顔。
asagao0928.jpg

ここまで大きく蔓を伸ばして咲いていると素敵。
この時期に咲いていると言うことは・・・宿根朝顔(琉球朝顔)かな?

いつの季節も植物を眺めながらの散歩は楽しいです♪





ポッツァートがイタリアで行われたメモリアル・チムーリで今期5勝目をあげました。

カチューシャHP

ポッツァート
「この勝利を、白血病で亡くなったアンナに捧げたい。
僕たちは同じ学校に通っていた、とてもよい友人だったんだ。

レースは、スタートからとてもハイペースだった。
最後の登りではプロトンの先頭にチームメイト9人が残っていたんだ。
でも、下りで、後ろの集団が追いついてきた。
その後、カルペツとマッツァンティが良い形で僕をゴールスプリントにリードしてくれた。
今の僕はものすごく調子がいい。
このままシーズンを終えたいと思っているよ。」


カルペツの勝利ではないけれど、こういった形で勝利に貢献できているのがわかると、やっぱり嬉しいです。

「ウラディ!ありがとう!!」←カルペツとポッツァート喜ぶの図♪



2009.10.07 秋の散歩
自転車に乗るにはもってこいの季節。
パンクしていた自転車を直したので、旦那と友人と3人+千代助(自転車カゴ)で小金井公園まで散歩に行ってきました。

お月見のイベントが開催されていたり、コスモスが咲いていたり、めっきり秋ですね。

kosu1004.jpg

kosu10042.jpg



夕方なのに、けっこうな人手の小金井公園。
自転車じゃなくっても、ただ遊びにくるにも、良い季節ということですね。

kogapark1004.jpg



犬はというと・・・枯れ葉と同化してました。

douka1004.jpg


kareha1004.jpg



発見。
白茶色の犬は秋の夕暮れ、見えにくくなる。




2009.10.02 失望→満足
2度目の世界選手権銀メダルで、またもや悔し涙のコロブネフ。
少しづつですが、コメントがでてました。


レース直後
9/28のコメント。
СПОРТ-ЭКСПРЕСС
「銀メダルに失望・・・がっくし」という感じだったのですが、その後、微妙にコメントの内容が変化しているようです。


9/29→Чемпионат.ру
9/29→СПОРТ-ЭКСПРЕСС


「この世界選手権に向けて、2年もの間、準備したんだ。
今シーズンはとにかく運が悪かった。
ツールは病気でダメにしたし、ブエルタでも3位以上を目指して頑張りはしたんだ。
でも、今となっては、今年の世界選手権でエヴァンスに追いついて脅かすほどの力があったんだから、成功だったとわかったよ。」

「みんな僕に聞くんだよ。
『エヴァンスに勝てたんじゃないの?』って。
僕も熱くなって、『YES』って答えたよ。
でも、そうは言ったけど、この質問は、少なくともレースが終わって1日以上たってからするべきだと思う。
冷静になってからね。

今となっては、正直、特別な気持ちはないんだ。
全てが今の自分の結果なんだ。
満足しているよ。
本当に大事なことはメダルではなくて、そのために自分がどんな行動をしたかなんだ。」


足は残っていたのに、タイミングを逃してエヴァンスを逃してしまった。
そして、ついて行けなかったことに、まさに「失望」していたコロブネフですが、
満足しているといったコメントを読めて、少しほっとしています。

今更ですが、最終局面で足があったのは、サンチェスとカンチェラーラだったのではないかと思うのです。
足を使っていたコロブネフと、もっと足を使っていたプリトが2位3位に入れたのは、後ろの有力選手達のかけひきがあったから。
もうちょっと、後ろの牽制が短かったら、サンチェスとカンチェラーラに抜かれてましたよ・・きっと。
北京オリンピックのカンチェラーラの恐ろしい追い上げで、4位になった苦い思い出がよみがえり、いつ抜かれるか!抜かれるか!!と冷や冷やしました・・・・。
エヴァンスの強さは優勝に値するものだったので、2位は悔しいだろうけど、4位じゃなくて本当によかった!!!と思います。

ほぼカチューシャメンバーで構成されたロシアチームの中で、サクソバンクのコロブネフがエースとして活躍できた今年の世界選手権は、チームが良い感じでレースに向かうことができた結果じゃないかと思います。
ロシア人のアルカンシェルが見れる日もそう遠くはないのでは??


てか、来年の世界選手権はオーストラリアですよ。
もしかして、行けたりする?
とりあえず、いろいろ工面だ!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。