FC2ブログ
2009.07.06 7月の犬
毎日、毎日、ロードレースの話題ばかり綴っていますが、ちゃんと犬も元気ですよ~。

よくご飯も食べ、散歩もし、昼寝もし、ボール遊びもし・・・・ほんと元気ちゃんです。

tiyosmile070509.jpg

梅雨の合間をぬって散歩にいくのですが、この日は図書館隣りの公園へ散歩の途中で寄り道。
リードは離せないので、近い距離でボール遊びしてきました。

sibafuinu0705.jpg

同じ公園で、1歳半のハーフの男の子がお父さんと一緒にボール遊びをしていて、その様子が気になる千代助。
この子本当にかわいかったのだけど、初めて話す人(私)、ずけずけ近寄ってくる犬(千代助)に固まってしまってました。笑。
一緒にいたお父さんも困って
「○○ちゃん、わんちゃん大好きじゃな~~い?どうしたの~~?」
と聞いてくれるが、ずっと無言!
そんな姿もかわいかったなあ。
改めて言うことでもないけど、ハーフのお子さんてほんとかわいいなあ。



そして、本日は犬を連れて中目黒まで遠出。
ドッグアンドカフェスナビッシュベイビーズ 「Dog&Cafe Snobbish babies」へ友人と行ってきました。

雨の中目黒でしたが、目黒川沿いの道は桜並木のお陰でずぶ濡れにもならず。
いい環境だね~。ちょっと川はにおうけど・・・。

dogcafe0706.jpg
桜並木がきれいに見えてのんびりしたいい雰囲気のお店だからか、平日のお昼というのにけっこう混んでました。
犬連れも、自分たちを含め3組。

curru0706.jpg
ビーフカレーもうまかったです。

ペットシーツをひいて犬を椅子にのせているおばあちゃんもいたし、かわいいトイプーは飼い主さんの膝の上にのせてもらってました。
犬OKでも、床のみ、座席には上げないでください。というお店が多いのですが、ここはOKなんですね。
犬用のお水もささっと笑顔でお姉さんがもってきてくれるし。

やっぱり都会のドッグカフェは犬の扱いが違うな。
と感動する武蔵野市民。


mriver0706.jpg
小雨の目黒川。


tiyo0706m.jpg
友人の膝上にのせられ、あわあわする千代助。


電車に犬を乗せるのはいろいろ気を使うことが多いのですが、今回は犬好きのおばさまにえらく千代助がほめられてました。
「えらいのね~~吠えないのね~良い子で電車に乗るのね~~!」と。
嬉しいので、へらへらと笑顔を返してきました。
電車の中にはいろんな人がいるので(以前辛い思いで有り)、あんまり電車での遠出はしないのですが、また行ってみたいな~中目黒。
次回はお天気に。



【おまけ:街でみかけたツールな景色2】
rion0705.jpg
スポンサーサイト



2009.07.06 ドは・・・・
ドはドーピングのド。
ドーナッツでも、ドラえもんでもないのが、ロードレースファンの辛いところ。

Menchov questioned in Austrian doping case
CNの記事「オーストリアの血液ドーピング問題について、質問をうけるメンショフ」


火のないところに煙はたたないけれども。
今まで、チーム内検査で少しでも異常をみつけたら、チーム自身で解雇なり何なりの解決策を先手先手で行ってきたラボバンクです。
(先日のデッケルについてもかなり凹みましたが。。。)

その、ラボバンクのスポークスマン・Luuc Eisenga氏曰く。
「チームメンバーの一人が、我々の厳しいチーム内検査と矛盾する結果を出すなんて信じられるわけがない。チームメンバーについて疑わなければならないことになったら、すぐに行動しますよ。」
とのこと。

メンショフもいつもの、恒例のこと、と受け止めている様子。
メンショフ自身もチームも全面協力てるし、今後もそうしますよ。と。
いつも関係ないとしても、ファンとしてはこういった話題自体がなくなることを切に願います。
ド~ときいて「ド、ドーピング??」とびくびくするのは辛いものですから。



個人TTについてのメンショフのコメントも。
「別にいつも通りのいい感じだから・・・私自身にもこのまずい結果の説明がつかないよ。」
だそうです。
いつものごとく、口をへの字にして、両手を上に上げて
「さてね~~~」という表情とジェスチャーをするメンショフが目に浮かぶようだ。笑。


2009.07.06 八重山の星
ツール・ド・フランス、第2ステージ。

ゴール直前からひたすら新城選手だけを目で追った。
新城!新城!新城!
新城5位だよ!!!5位~~~~~~~~~~!!

旦那と大騒ぎして、はっと優勝したのがカベンディッシュだったことに気づいた。
そんな昨夜でした。
(多分、多くの皆さんもそうだった事でしょう。)



私よりずっと長いことロードレースをみてきた旦那は驚きと感動であわあわしてました。
「5位でこんななら、もし新城がステージ優勝なんかしちゃったら、本当に泣いちゃうな~。」
だそうだ。



・・・・・・・・・・・・。
私がロードレースを見始めたときには、フミはディスカバリーで走ってました。
新城選手のブイグ移籍も実力があるのだもんね!と思っていました。
ドーフィネでゴールスプリントにからむ新城選手をみていたので、今回の5位も
「すごい!!!でも新城選手悔しいだろうな!!!!」
と思ってました。


でも、私が思う以上にすばらしい結果なんだと一日たってよ~~くわかりました。
少し反省。

新城選手も別府選手も、戦後何人目とか、日本人初の何々とか、そんな肩書きとは違う世界で走っているような気がします。
いつも先だけを、未来だけを信じているような前向きな二人だもの。
どんどんいっちゃって欲しいもんです。


しっかし、新城君は走りと言い、笑顔といい、ほんとに八重山の星だね~~~!!!



【おまけ:街でみかけたツールな景色1】
himawari0705.jpg