FC2ブログ
2009.06.16 3度目はなし
Third doping case would end Katusha
「3度目のドーピングは、カチューシャの最後」


マキュアン曰く
「3度目のドーピングスキャンダルがあったら、チームカチューシャは終わるかもね。」

ここ数ヶ月で、二人の選手のドーピング問題を起こしてしまったカチューシャとしては、3度目は「何がなんでもありえない、あってはならないこと」なんでしょう。
そりゃそうだ・・・・・。

『マキュアンは、ツアー・オブ・ベルギーの第2ステージでの落車でおった、膝のじん帯切断から回復している真っ最中だ。
「今はホームトレーナーに乗っているよ。」
彼は、後一週間くらいで道路を走りたいと思っている。

「予定通りにうまく進めば、7月には普通に練習できると思うよ。
7/27、アールストのクリテリウムで復帰したい。」

マキュアンは、今年のグランツール全てを逃すことになる。
「俺としては、ブエルタで走りたかった。でも、チームは招待されなかった。」
落車による負傷で、ジロとツールに出ることもできなかった。』

落車とドーピング問題で、今年一年を棒に振ってしまったマキュアン。
年齢を考えても意を決しての移籍だったと思う。
活躍するための移籍だったし。
ファンにとっても、本当に悔しい一年ですよ・・・・。


チームの写真につけられたコメントが辛い。
「カチューシャのデビューシーズンはラストシーズンになる??」


そうならない事をファンも選手もスタッフもスポンサーもみんなが望んでます。

スポンサーサイト



2009.06.16 メンショフ家
気分はいよいよツール!というこの時期ですが、ジロ優勝で、ロシアサイトにメンショフの記事がいくつか載っているのをみつけたので、ちょっとづつご紹介です。

Денис Меньшов показал Европе Кузькину мать!
「デニス・メンショフ ヨーロッパをいたい目にあわせてやったぜ!」
(なんだか、すごいタイトル~~)

内容は子供時代の話や、少年時代の監督やお母さんのコメントなどなど。
詳しい内容は後日載せられたらと思っているのですが、今まであんまりインタビューなどになかった(ような気がする)家族の話題を主に。

メンショフと子供達
子供達かーわーいーい。

・イヴァン君6歳に、アガタちゃん2歳半、そしてアレクサンダー君4歳。
(アレクサンダー君の年齢が間違っていたので、訂正しました。)

・男の子2人に女の子1人のお父さんであるメンショフさん。

・会計士をしていた奥様のナダーシャさんとは地元オリョールで出会ったそう。

10歳のメンショフ君とお母さん
お母さんのタチアナさんは・・いかにもなロシア美人だ!!

・お母さん曰く
「あの子はスペインにずっと住むわけじゃなくて、いつかはオリョールに帰ってくるわよ~。」

「このまま、ずっとスペイン在住かな~」といっていたカルペツとは対照的だ。苦笑。





そしてもう一つ。
こちらは、ジロ最中の5/25にアップされたもの。
Велогонщик Денис Меньшов: "Моя семья в "Феррари" не помещается"
「ロードレーサー デニス・メンショフ 私の家族はフェラーリには乗りきれないよ!」
(これもなんか、すごい~タイトル。苦笑)

気になったものをいくつか。

・ラボバンクでは、チーム唯一のロシア人:ディミトリー・コゾンチュクとルームメイト。
・食事やマッサージの後、ロシア映画をみたりすることもできて、最高!
・ディマ(ディミトリー・コゾンチュクの愛称)はオランダ語が完璧なんだ。


・「もしあなた自身がグランツールのためにチームをつくれるとしたら、誰を選ぶ?」という質問に
・ロシア国家からの要望や、友情という点から考えると、ロシアチーム「カチューシャ」のリーダーであるウラジミール・カルペツだね。
・あとは、今のチームから誰かかな。2~3人のスペイン人も確定だね。

(おおお!お友達チョイスでいの?笑。でも、信頼をおける関係がチームの一番の要だから、カルペツ選ばれて良かった良かった。)


・「ロードレーサーは特別な階級の人?それとも普通の人?」
・普通の人だと思うよ。
・私はいつも歩いてスーパーマーケットにいくよ。フェラーリでは行かないよ~。
・だってフェラーリには子供達全員が乗れないからね。
・彼ら用の3台の自転車もあるしね。

この下りがタイトルの内容なんでしょうね。



あくまで普通の人であり、普通のお父さんであるメンショフが回間みられる、ほんわか系インタビューでした。
そういや、このジロまで、奥さんも見たことなかった。
レース以外についてのインタビューって少ない気がするし。
(その前にメンショフのインタビュー自体が少ない。苦笑)


いつになるかわかりませんが、自転車に出会った子供時代の話などいろいろあったので、ツールまでには訳しきれれるよう頑張ります~。
2009.06.16 めでたい!!
祝!
新城幸也選手、ツール・ド・フランス出場!

祝!
アレハンドロ・バルベルデ、2年連続ドーフィネ・リベレ総合優勝!



新城選手のツール出場は・・・いつかこんな日がくる!いつかくる!とは思っていたけれど、いざ本決まりとなると、ドキドキします。
ツールで日本人選手が走っているのをライブ中継で見る事ができるとは!!
ひゃあああ~~!
今日は「新城ツールだって!」というメールが夫婦間や友人間で飛び交っておりました。


八重山も大騒ぎなんじゃないかと!
今夜の島のお酒はおいしいだろう~な~~!!

sima0615.jpg
お祝いに・・・・我が家にある石垣島の泡盛「請福」の黒島ラベルを載せてみる。


泡盛って・・・島で飲むとおいしいのに、東京で飲むとなんか違うのはなぜ・・?
やっぱり、まわりの空気???





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドーフィネでのバルベルデの走りは言うことがないので、小さな感想を。

ゴール後に、チーム関係なくいろんな選手からやたらに「おめでとう~!」と声をかけられていた姿に、あ~~~バルベルデだ~~!
これがバルベルデなんだよな~~~と思いました。

集団で尊敬され、勝利を祝福される選手というのは、やはり強いだけではないのだな。
ツールをあきらめてはいけないのだ!!!

おめでとう!!!バルベルデ!あんど毛ガニ~ズ!!!