上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.30 コロムの抱負
cyclingnewsにカチューシャのニュースが2つほど載っていました。

1:Colom looking to shine at Katusha

2:Pozzato and Napolitano lead Katusha front in Qatar

やっぱりカチューシャ・・・注目のチームなのだね。




1:Colom looking to shine at Katusha 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アスタナでの浮き沈みの激しい2年間の中で、ハイライトはドーフィネでのステージ優勝であり、最悪のポイントはツール序盤での離脱でした。
マジョルカ生まれのトニー・コロムは、カチューシャへの移籍が彼にメジャー・タイトルを争う機会を与えるてくれることを望んでいます。

30歳のスペイン人(シーズン11年目)は、昨年、アスタナでの出場機会の少なさに挫折しました。
「コンタドールが出場できなければ、ライプハイマーが乗るよ。
もしライプハイマーもいなけりゃ、クレーデンがいるよ。
自分のレベルが良いときがあったったとしても、彼らと同じだったり、少しでも劣っていたら、自分を抑えなきゃならないんだ。
カチューシャからの誘いは、私が自分の目的の為に戦う機会を与てくれたんだ。」

スペインのクライマーは、この移籍が彼の力を最も発揮できる最後の機会かもしれないと認めています。
カチューシャで彼は、三大レースにおいて、ウラジミール・カルペッツ、エフゲニー・ペトロフとともにリーダーとして走る準備ができています。
彼はピークをブエルタに合わせて持っていき、そこで10位以内に入ることを目標としています。
それに先立って、彼の初旬の目標はパリ-ニースおよびバスクツアーでしょう。

「カチューシャは私にツールとブエルタに照準を合わせる機会を示してくれたよ。
でも、それらのレースが私のシーズンの全てだと判断してしまうのは危険なんだ。」
とスペインのマガジンの雑誌「Ciclismo」に語りました。
「だから、当初の目的は、バスクツアー(ファン達のおかげですばらしいいい雰囲気のレースで、大好きなレースなんだ!)を勝ち取ることだし、ツールでステージ優勝して、ブエルタでトップ10に入る事なんだ。
もし、この3つを達成できたら、私のキャリアは良いものになるだろうし、今のところ良い感じなんだ。」

コロムはもうベテランの域に達していますが、彼自身、今までの彼の走りは、他の選手と比べて短いプログラムの中で走っているという事実が、彼のキャリアを長くするかもしれないと考えています。
「今年私は11年目になるけれど、そばアレルギーで5月には走れなくなるので、それだけの走りはしていないんだ。
主な4つのツアーに出たけど、私が昨シーズン走った平均日数は、他の選手よりかなり少ない52日なんだ。
30歳になった多くの選手が最高レベルの走りをしているよ。
ロミンガーやモスケラがそうさ。私もそうなりたいんだ。」

1999年、ちょうど彼が20歳のときにアミーカチップス・チームでプロに転向してから、この後の数年を振り返ったとき、彼はたくさんの事を覚えていると言います。
「でもね、最悪だったのは、2007年のツールで本当にテロリストや犯罪者のように扱われた事だよ。」
ツールでステージ優勝することで、彼はその思い出の多くを消しさって、さらにそれらが何を奪っていったのかを以前のチームに示したいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2:Pozzato and Napolitano lead Katusha front in Qatar

**************************

2人のイタリア人ーポッツアートとナポリターノは、2/1~6までのツアーカタールで、カチューシャチームを引っ張っていくでしょう。
このロシアチームは、少なくともナポリターノで一勝を狙い、ポッツアートのクラッシックレースへ向けての準備をするつもりです。

「このレースは今シーズンのデビュー戦だし、レース・リズムを見つけることは大切なんだ。
クラッシックレースに向けて、洗練された走りができるよう準備できれば理想的だと思うよ。」
とポッツアートは言います。

ポッツアートとナポリターノは2008年の終わりにカチューシャに加入しました。
チームは旧ティンコフ・クレジットシステムからなっています。
カタールでは Serge Parsani(セルゲ・パルサーニ)がディレクターを務めるでしょう。

「私たちは勝てるチームとカタールへ行き、ナポリターノで勝利を目指します。」
とパルサーニは言います。
ナポリターノは2008年に5勝しています。

ツアーカタールはほぼスプリンターのための6つのステージからなります。
しかしながら、第1ステージは6キロのチーム・タイムトライアルです。
「私たちは、チームTTに適した構成で挑むので、うまくやると思いますよ。」

ポッツアートは2008年のブエルタのチームTTで、リクイガスチームとして優勝しています。
彼はチームがステージ優勝するための走りをし、1日リーダーの金色ジャージを着用しました。
「私たちは、いいメカニズムを見つけ、よいタイムを出せると思うよ。
そして、それはジロ・デ・イタリアの第1ステージでのチームTTのよいテストになるだろうね。」
とポッツアートは言います。

ツアーカタールは17チームそれぞれ8人の選手で行われます。
ポッツアートとナポリターノに加え、カチューシャはミハイル・イグナチェフ、アレクセイ・マルコフ、MIKHAILOV Guennadi、GALIMZYANOV Denis、アレクサンドル・セロフ、ベン・スイフトという8名です。

*****************************

いよいよ、ポッツアートもシーズンデビューです。
楽しみ~~。
ま、カタールはあくまでクラッシックに向けての準備と言うことですが、クラッシックで活躍するポッツアートが今年はみれるんじゃないかと。

そして、コロムは以前毛ガニだった選手。
こう考えると・・・コロム、マルコフ、オラク、カルペツと・・・イリアス・バレアレス~毛ガニのメンバーが
けっこういます。
国は違えど・・・・旧知の中の選手達が多いのも、カルペツがのびのびした表情をしている原因かもしれないなあ。

コロムはアスタナで走れれなかった分、カチューシャで思いっきり走れたら・・と思います。


それにしても・・・・未だに、カチューシャメンバーの把握ができていない私・・。
これではいけない・・・。
早く、ちゃんとまとめなきゃなあ~~!!
もうシーズンインだというのに~~~!
はう。

スポンサーサイト
2009.01.27 冬の犬
あっという間に1月ももう少しですね。
特になにもしていないのに、毎日はどんどん過ぎていく~~。
あ~~れ~~~。

そんなわけで、ネタもないので、犬の写真でも。
毎日の散歩や何やらで、特別な事はなくても、千代助の写真だけは撮っているんですね・・・。

dogrun0115.jpg
冬だろうと、何だろうと、元気!
ドッグランは楽しい~~~の犬助。


neru0119.jpg
夜は旦那を座布団にしてすーすーと寝る。


inuinu0119.jpg
そしてまた、ドッグランで遊ぶ。
「そのボール投げて~~~!」


hinata0119.jpg
日だまりでまた寝る。
ぐ~~~~~。



tiyo0122.jpg
大宮の友人宅まで電車に揺られていったら、疲れたのか、めずらしく家族以外の人にもおとなしく抱っこされていました。
良いことだ。良いことだ。



uutiyo0125.jpg
ホットカーペットでうとうと。
眠くてしょうがないのに、カメラを向けるので、ものすごく迷惑そうです。



うーん、見事に犬だらけ。


そう言えば、我が家の犬は冬だと何時でもドックランに行けるから、夏より運動量が多くなって痩せるんですよ!
夏はドックランが閉まってしまう18時だとまだ暑くて、とてもじゃないけど行けないのです。
1時間散歩するより、やっぱりボール投げが好きな犬なので・・・冬のほうがいつでもボール投げができていいんでしょうね。
そして、よく動いてやせる。

うらやましいぞ、犬。



マキュアンがカチューシャの初勝利を手に入れてくれました!
カチューシャにとって、こんなに華々しい嬉しいデビューはないのでは?!

cyclingweekly

写真↓
俺様が一番だ!

花道の主役はやっぱり俺

嬉しいですね~~~。
おめでとう~~~~。
おめでとう~~マキュアン!
そして、チームカチューシャ!

マキュアンもインタビューの中で
「最高なスタートだね!チームの奴らの初仕事としては、すばらしい働きだったよ!」
とコメントされているからには、ステーグスマンはじめとするチームメンバーのアシストがあったのでしょうね~~~!(まだ、レース自体を見ていないのでレース展開はわからないのです)


いや~良かったよ~~!
良かったよ~~~~~!


金で釣られてカチューシャに~~と多くの選手が言われていますが・・・
こうやって活躍してくれれば、そんなうだうだも気にならなくなりますよ!
勝利はやっぱりいいもんです。

祝、すばらしいプロトンデビュー!







sport-expressにカチューシャのレース予定がありました。

・先週日曜からスペインでチームキャンプが始まる。
(以前ニュースにあったオーストラリア組以外のスペインキャンプの事だと思われます。)
・ダウンアンダーでカチューシャはプロトンにデビュー。
・ツール・ド・カタールに出場予定。
・その後はヨーロッパのレース、GP コスタ・デリ・エトルスキ(2/7、イタリア)やマヨルカ・チャレンジ(2/8~,スペイン)に参加予定。

とのこと。
まずは、マキュアンを筆頭にダウンアンダーで活躍して、「カチューシャ」の華々しいデビューを飾ってくれるのか?
プロトンデビューが良いものになるといいなあ。いやほんとに。

しかし、cyclingstartlists.comにはどちらのレースにもカチューシャの名前はなし。
本当に出場するのか??



マヨルカチャレンジの第2ステージが去年のカルペツの初レースでした。
今年もマヨルカでシーズンスタートかな?
スタートリストが楽しみだあ。



それにしても、カチューシャのチームHPはいつ更新されるのかいな?


2009.01.11 地味に・・・
ここ数日の東京は寒かったです~~~。
先日は朝方ちらっと雪も降っていたし。

やっと、冬がきましたね。
冬は家にこもるに限ります。
そんなわけで、写真のネタも家の中ばかり・・・・。

satoimo0108.jpg
実家からもらった、里芋で煮物を作ってみました。
というわけで、母へ伝言。
「里芋とタコの煮物すごくおいしくできたよ~~!!」


後日は、カレーを作りました。
curry0110.jpg

カレーは基本的にどこのでも、なんでもおいしい私ですが、これはうまかった!

札幌では有名だというMIRCH(ミルチ)というお店のチキンカレー用のスパイスセットを、友人の札幌土産に頂いて作ってみたのですが、おいしかった~~~~~!

札幌にしかないお店なので、北海道にいかなければ食べられないのですが・・・・ああ、お店で食べてみたい!
家でレシピ通り(+ジャガイモを足してみましたが)作っただけでこのおいしさなら・・・お店ではどんなにおいしいのだろう。
北海道に行きたい・・・・。
Yさん、ありがとう!



食べ物の話ばかりなので、ここで我が家の水栽培のご紹介でも。
suikou0111.jpg
水栽培といえば、ヒヤシンス。
10月くらいに水に浸けて数ヶ月。
やっと新芽が見えてきました。

一つだけ小さいものは、アボカド!
abo0111.jpg
新芽が出てきました。
アボカド水栽培はこれで、2個目なのですが、順調に芽がでるもんですね。
今のところ失敗なしです。

■作り方
・実を食べたアボカドの種を洗う
・種に包丁でくるっと一周切れ目を入れる
・切れ目の部分が水に当たるように、半分くらい水に浸ける
・ときどき水を交換
以上!

ヒヤシンスなどの水栽培用の花瓶を使うと楽です。


うーん。身の回りだけだと、たいして話題になるものもないですね・・・。

千代助で締めようと思っても、すかすか寝てます。
tiyoneru0111.jpg

・・・。
ま、こういった、なにも問題のない地味な毎日が一番ですね。
2009.01.08 カチューシャ
編集長のおすすめサイトにいつの間にか、カチューシャのHPが!
いつの間に!
(おまえが年末年始だらだらしていた間だ!というのが正しい答えと思われます。)

katushateam.com


カルペツのカチューシャジャージ姿をやっと拝むことができました!

11.jpg
photo by katushateam.com 

さわやか!
爽やかだ!
いいじゃないか!
前髪もみじかくなってさっぱり(後ろ髪は切らないのだ~~~♪)。
いいですよ。



まだ、選手、ディレクター、スポーツマネージャーの紹介しかありませんが・・・後々ニュースをアップしていくのでしょう。
楽しみです。
まずは・・・マキュアンの地元、ダウンアンダーでのチームの活躍を期待しなければ。
今年は、Jスポーツでも放送があるみたいだし。

カチューシャの布陣。

41. Robbie McEWEN AUS
42. Gert STEEGMANS BEL
43. Kenny DE HAES BEL
44. Juan HORRACH ESP
45. Stijn VANDENBERGH BEL
46. Sergey KLIMOV RUS
47. Nikolay TRUSOV RUS

やっぱり・・・ステーグスマンはマキュアンのアシストなのか??


カルペツはスペイン合宿組と思われるので・・・テレビで目にするのはもう少し後になりそうですが、いよいよシーズンが明けますね。
あああ!今年こそはどんどん活躍してほしい~~~!
2009hny.jpg

遅くなりましたが。
明けましておめでとうございます。
2009年が皆様にとってすばらしい一年になりますように。


無事に、年末年始の新潟茨城ツアーを終え、仕事に復帰をしてぼんやりしていたら、もう1月8日でした・・・。

今更ですが、帰省の様子です。
今年は花屋のバイトもなかったので、30日には旦那の実家に帰省。
待っていたのは、サクラ姉さん~~!!

sakura12312.jpg
歳をとっても、かわいいなあ~姉さん。
でも、千代助との微妙な緊張感は健在で、2匹がなかよく一緒のカメラに収まる事はなし。

tukubamu12312.jpg

翌日の散歩では、筑波山が綺麗でした。
今年最後の筑波山。
ばったばったといろいろあった、人間のちまちました事など、関係な~いという感じの、堂々としたお姿でした。
いいものをみて一年が締めくくれるのは幸せです。


そして。
やっぱり、年越しはご馳走です。
gotisou1231.jpg
義理の母が年末に腕を怪我し、「できあいものばっかりだけど~。」との事でしたが!
ご馳走ですよ~ご馳走~♪


人も犬も飲んで食べて・・・紅白をみて(「笑ってはいけない」はDVD録画っす!涙)、のんびりさせていただきました。
nerutiyo1231.jpg
疲れ切って、手の上で寝る千代助。





1日には今度は新潟へと向かいます。
関東平野の青空から一転。トンネルを抜ければ雪。チェーン帰省です。
今年は早めにスタッドレスに替えたので、すんなり帰省できましたが・・・この雪の中、チェーン付けるのはごめんだなあ!いや、ほんと。


しかし、温暖化??
新潟もあんまり雪はありませんでした。
hatake0102.jpg
家の横の畑も・・・・土や野菜がみえてる。
昔は、この畑の上に2mくらい積もったものですが・・・雪少なくなりましたね。

yukitiyo0102.jpg
雪と言うより、みぞれの散歩道に千代助は寒そうです・・・。


ばあちゃんにも年始のあいさつをして、いとこの子供達にお年玉を上げたりして、なんだか大人になったもんだ!笑。
batyanntiyo0102.jpg
しかし・・・ばあちゃん・・・今幾つなんだろう。
多分90歳はとっくに超えているのだけど・・・。
とにかく、ばあちゃんはじめ家族みんなが元気なのが何よりです。



syasou10103.jpg
帰りの関越道は、こんな景色の中をひた走ります。
新潟の冬!という感じで私は良い景色だ~~と思うのですが、人によってはなんて寒そうな!でしょうか。笑。

syasou20103.jpg
白。茶色。グレー。
新潟の冬はこの3色が基本です。


そして、非現実な毎日に、疲れ切って眠る千代助。
帰りの車はひたすら熟睡していました。
nerutiyo0103.jpg


はあ。
楽しかった正月休みも終わってしまったなあ~~。
また、いつもの日々が始まるんだなあ~~。



こんなタラタラしたブログですが、今年もよろしくお願いいたします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。