上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年の世界選手権は感動的なレースでした。

常に攻め続けたイタリアがバッラン優勝、クネゴ2位とほぼ表彰台を独占。
レベリンも4位に入るという、イタリア一色のレースになりました。

あれだけの、すばらしいメンバーを揃えながら勝てなかったスペイン。
そして最終段階に多くの人数を残しながらも最後の最後についていけなかったベルギー。
ドイツ・・・ロシアは・・・・・。。。

それもこれも、ベッティーニを中心としながらも、全員で勝ちにいったイタリアの強さと絶対負けないぜ!という執念みたいなものがどのチームよりも勝ったと言うことでしょうか。
ブルセギン・ボッシージョ・トザットの引きに始まり、クネゴ・パウリーニ・バッラン・トンティ・レベリンが次々にアタックを仕掛ける。
最後の最後までベッティーニをみんながチェックする中、それならばとアシスト陣が攻めていっての優勝です。
いやいや、イタリア圧勝ですね。


そして。
我が家の今年のベスト・オブ・ロードレーサーはダントツでブルセギンです。
あの引きはすごかった~~~今年3大ツールを全部完走して、おまけにジロでは表彰台にも登り!
家族を大事にして自然を愛するすばらしいお父さんでもあるブルセギン・・・。
そして、常にエースのために最高のアシストをする。
カッコ良すぎる。。。。。



ロシアは・・・・「イタリアをマークするスペイン」をマークするという作戦だったのでしょうか・・?
コロブネフは常にベッティーニのマークで結局そのまま終わってしまいました。。。
最後にサンチェスの動きに合わせて、やっと動いたカルペツが1分13秒遅れの20位でゴールして、これがロシアでは最高順位というのは・・・あまりにもあまりにもです・・。
カルペツもコロブネフも調子は悪くはなかったけれど、イタリアにしてやられましたね。

一人でダメ元で飛び出したオランダのへーシンクや、結局ダメだったけど、常にアタックをかけ続けたフランスの方が後で悔いの残らないレースだったんじゃないかな・・・・。

せめて、最終局面のあの集団に一人くらいロシア選手がいてほしかった!



と言うわけで、イタリア以外は散々な結果となりましたが、攻め続けるチームが勝つ!という気持ちの良いレースでした!
おめでとう~~バッラン!


(※そういや、オリンピックではスペインが攻め続けてたよなあ~~やっぱり、後手にまわるのではなく先手に回ってこそ勝利の可能性は大きくなるのか??よくわからんが、そうあってほしいもんだ。)



◆追記:訂正◆
ロシアメンバーの77番は EFIMKIN Vladimir (Ag2r)ではなく、双子のもう一人Alexander EFIMKIN(クイックステップ)でした。
ずっとウラジミール(元毛ガニ)だと思っていたら、リザルトがみんなアレクサンダーになっていてびっくり。
いや、スタートリストにもウラジミールってなってるとこもあったんですよ(言い訳)。
ごめんなさいね・・・アレクサンダー。
(来期は二人一緒にAg2rで走るようだし。頑張れエフィムキン兄弟!!)
スポンサーサイト
ランスが復帰して、ツァベルにベッティーニが引退して・・・・と連日いろんなニュースが駆けめぐっていますが、ニュースを追いかけるだけで精一杯。。。

ツァベルもベッティーニももう走っている姿をみれないのは・・・寂しい・・・寂しいなあ。

でも、デッケルがロットに決まったという嬉しいニュースもありますし、とりあえずは本日の世界選手権です!!
引退するベッティーニが来年アルカンシャルを着れないのに、優勝しちゃうのか?
それとも、スペインチームか?
チームロシアとしてはコロブネフに頑張ってほしい!
(もちろん・・・カルペツもだけど、彼はあくまでアシストだろうから、TVに沢山映ってくれればいいです!)




チームロシアの出場リスト。
76 BAZHENOV Alexander(誰だ・・・?)
77 EFIMKIN Vladimir (Ag2r)
78 ESKOV Nikita (Tinkoff )
79 GUSEV Vladimir (Astanaを解雇・・・・)
80 KARPETS Vladimir (Caisse d’Epargne)
81 KLIMOV Sergei (Tinkoff)
82 KOLOBNEV Alexandr(Team CSC)
83 PETROV Evgeni (Tinkoff)
84 SHPILEVSKIY Boris(Preti Mangimi)

今期はもう終了してしまったメンショフはお休み。
アスタナを解雇され、オリンピックに出場できなかったグセフが復活!
地元ロシアのレースでは走っていて(チームがどこなのかはなぞ・・)調子もわるそうではないので・・グセフにも頑張って欲しい!

そして、やっぱり昨年2位という悔しさをはらすべく、コロブネフです。
今年はあんまりレース自体での結果は残せていないけれど、オリンピックも4位とそういうレースには強い彼なので、期待しますよお~~。


あ!もう中継始まった!
ではでは・・・・・・・・・・・誰が優勝するのか、どのチームが優勝するのかを楽しみにしつつも、引退する選手達の走りを目に焼き付けるかななあ・・・。
2008.09.28 元気です
ここ数週間、ばったばったと忙しい日々が続き、まったく更新できず。。。

その間に、ブエルタは終わるし、自転車の世界選手権は始まるし、仕事で試験はあるし、実家には帰らなきゃいけないし・・・・とくるくるしておりました。

しかし、犬も人間も元気ですので、ご心配なく。


久々に千代助とドッグランへ。
road0928.jpg
ドッグランへ続く道も秋の気配です。


run0928.jpg
昼間だからか、日曜だからか、ドッグランには誰もいない~~~。
ので、ひたすらボール投げをする事ができました。
投げる。
犬走る。
投げる。
犬走る。
の延々繰り返し。

しかし、楽しいようで、ボールを見つめる姿はこんなです。
boll0928.jpg
「ぼぼぼぼぼーーーるーーーー!!!!」


走り回って疲れきると、ボールを手元におきながら一休み。
「このボールはお母さんには渡さないわ!」
heke0928.jpg


連日、人間が留守にする日が多くて、千代助もストレスいっぱいだったようですが、笑顔になってくれて嬉しいです。
smile0928.jpg

涼しくなったし、また沢山お散歩行きましょ~~。



2008.09.11 カルペツ近況
カチューシャ移籍ニュース以降、特に話題のないカルペツですが、いつの間にやらドイツツアーも、ヴァッテンフォール・サイクラシックスも終わってました。

せめて、リザルトくらいチェックしないと・・・。

ドイツツアーでは、唯一期待をしていた最終日の個人TTですが、結果は5位!
決して悪くはないと思うのですが、6位のロヴクヴィストは落車してこの順位だそうなので、総合優勝がかかっている人たちのタイムには及ばなかったのかな・・・・。


ドイツツアー直後のヴァッテンフォール・サイクラシックスはスプリント勝負だったので、カルペツは集団内45位で終了。
ただ、このレース来期のチームメイトとなる(未だに信じられない・・)マキュアンが優勝!!
それも、チームは違えどオーストラリア人で表彰台を独占の勝利!
マキュアンにはやっぱり表彰台の一番上が似合うので、嬉しいです~~。
来期はステーグスマンもいるし、マキュアンには頑張ってほしい~~~!!


そんなわけで、カルペツのドイツは地味に終わっていったようです。
うーん今シーズンはツール・ブエルタに出場できなかったので、個人的にもテレビ画面で走りを見ることが少なかったなあ・・・・。
後は世界選手権かな?

チーム・ロシアの活躍に期待。
ジョイスのライブがあった日に、せっかく表参道に行くのだからどこか行こうさ~!
と友人と昼過ぎから待ち合わせ。

「オシャレな街だわ~~。でも、あんまり私には縁がないねえ~。」なんて思いながらプラプラ。
せっかくだからオシャレなとこでご飯でも!と思いながら、おもいっきりランチとディナーの間の時間帯になってしまい・・結局はクアアイナ(KUA`AINA)でランチ。

abo0905.jpg
でも、ここのアボガドバーガー大好きなんです!
ほんとにほんとに、こんなうまいのある??ってくらい大好きなんで・・嬉しかった~♪
(本当はアボガドは寿司で食べるのが一番うまい!と思っていますが、ハンバーガーとも良く合いますねえ。)


そして、「ブイヨン(糸井重里さんと樋口可南子さんの愛犬)いないかねえ~」なんてくだらないことを話しつつぷらぷらし、岡本太郎記念館に行ってきました。

ずっと、こんなとこにあるんだな~と思ってはいたけれど、入ったことのなかったタロウ記念館ですが・・・行って良かった!

記念館なので作品を見る人にはいまいちかもしれないですが、あの庭は一見の価値有りですね。

taro09053.jpg
リビング(客間?)から庭を眺める。
タロウの作品が内にも外にもいっぱいで、なんだかよくわからないけど、いい雰囲気です。

taro09051.jpg
アトリエには膨大なキャンバスと描きかけの画が・・・。
このアトリエの2階部分がアトリエを見渡せる書斎となっていて、素敵でした。

taro09052.jpg
あまりよくわからないけれど、岡本太郎は立体がすごくいいなあ~とつくづく思いました。
それぞれに存在感があって、どの作品も太陽の様なあったかさとおおらかさがあって。
行ったことないけど、スペインとかガウディとかに通じるものがあるんじゃないかな~なんて。



とにかく、いろんなオブジェと南国の植物がごっちゃになっている庭が素敵!
garden0905.jpg
ごちゃごちゃなのに、ものすごく寛げるってすごいことです。
この庭なら何時間でも眺めていられるでしょうね。
太郎はこの庭を眺めながら、作品を作っていたんだろうなあ~~~。


banana0905.jpg
このバナナの木の木陰があれば、そりゃあ幸せな気持ちになるよな!という大きさのバナナの木達。

庭を眺められるカフェもあり(ここは入場券がなくても入れるんですね。)、カフェでぼーっとお茶を飲み、表参道を満喫いたしました。

ほんとブルーノートに行く以外に用のない表参道ですが、たまにのんびりするのもいいですねえ~~。

ま、最終的にジョイスのライブでしめた一日だったので、そりゃあ幸せな一日でしたよ!笑。

2008.09.08 JOYCE
ブルーノートにジョイスのライブに行ってきました。

良かったです~。
良かったです~。

一曲目の「A BANDA MALUCA」の歌い出しからほろりとしてしまいました。
ずっと憧れ続けて、聴きたかったジョイスだったので、あまりの感動で、ついほろりと。

いや~~もう60歳のジョイスですが、ものすごくキュート!かわいらしい!
とてもとても60歳とは思えないパフォーマンスでした。
声もこの人は変わらないなあ~~~~!!!

以前、やっぱりブルーノートでホリーコールを聴いた事がありますが、良い感じに声がかわっていたけれど、その分音域も狭くなっていたようで、少しばかりがっかりしたことがあったので、このジョイスのいつもCDで聴いている声との違いのなさは感動でした。

一緒に行った友人と、
「かわいいねえ~~!」
「キュートだねえ~~!」
「素敵だねえ~~~!」
ばかり。


本当に素敵でした。

ブルーノートのサイトはこちら。
早速サイトにセットリストがありました。


1.A BANDA MALUCA ←ジョイスオリジナル/アルバム「Just a Little Bit Crazy」より
2.ELA E CARIOCA ←ジョアン・ジルベルト/邦題「彼女はカリオカ」
3.ASTRONAUTA (SAMBA DA PERGUNTA) ←バーデン・パウエル/邦題「宇宙飛行士」
4.CEU E MAR ←ジョニー・アルフ
5.LA VEM A BAIANA ←ドリヴァル・カイミ
6.DESAFINADO ←アントニオ・カルロス・ジョビン/邦題「デサフィナード」
7.AQUARELA DO BRASIL ←アリ・バホーゾ/あの「未来世紀ブラジル」の「ブラジル」!
8.AGUAS DE MARCO ←アントニオ・カルロス・ジョビン/邦題「3月の雨」
9.E LUXO SO ←アリ・バホーゾ/邦題「なんて華麗」
10.HO-BA-LA-LA ←ジョアン・ジルベルト/邦題「オバララー」
11.PENALTY ←ジョイスオリジナル/アルバム「サンバ・ジャズ&オウトラス・ボッサス」より
12.NO FUNDO DO MAR ←不明/カポエィラ(ブラジルの格闘技)の歌にあるようですが・・
13.SAMBA DE UMA NOTA SO ←アントニオ・カルロス・ジョビン/邦題「ワン・ノート・サンバ」
14.SURFBOARD ←アントニオ・カルロス・ジョビン
15.O MORRO NAO TEM VEZ ←アントニオ・カルロス・ジョビン/邦題「コルコヴァード」

アンコール
1.Garota De Ipanema ←アントニオ・カルロス・ジョビン/邦題「イパネマの娘」
2.FEMINIAAGUA ←ジョイスオリジナル/「フェミニーナ」

(※←の内容が違っていたらごめんなさい~!)


セットリストからもわかるように、ボサノヴァ生誕50周年を祝ってボサノヴァの名曲がずらり。
ジョイスのギター一本での「3月の雨」はすばらしかったです。

でも、7曲目のブラジル・・・・「未来世紀ブラジル」大好きな映画で何度も見て、サントラもしょっちゅう聴いてるのに、全然この曲だってわからなかった・・・・。
アレンジがかわるとわからないものですね・・。


でもやっぱり、ジョイスのオリジナル「A BANDA MALUCA」と「FEMINIAAGUA」がよかったし、聴けて本当によかった~~~!!
ライブが本当にあっという間でしたよ。


ジョイスに出会ったのは大学生の頃。
大好きだったオリジナル・ラブ(ああ~懐かしい~~!)の田島貴男さんがお勧め!といっていたアルバムの一枚がジョイスの「フェミニーナそして水と光」でした。
早速購入して、そしてず~~~んときましたね。
その時からもう十年以上経ってますが、今でもすばらしいアルバムだと思います。

そういや、田島さんのおすすめでドクター・ジョンの「ガンボ」とかリトル・フィートの「ディキシー・チキン」なんかも聴いたなあ。これらも今でも聞き続けている音楽ということは・・・田島さんありがとうございます。という事ですね。



joycew.jpg
↑全然にてないけどジョイス!
サイレントギター(というの?)がかっこよかった。
ドラムのご主人ともいつも笑顔で・・・・なんてチャーミングな女性!
あのボブスタイルが一番似合う女性なんでは・・!?


そんなわけで、生で聴くジョイスは本当にすばらしかったです!


2008.09.05 ばたばた
休みをもらうためには、休みの日に出社をせねばならない今の職場。
ばたばたと忙しい今週です。
職場で急に抜き打ちテストがあったりさ!(この年になってテストって何だ!!)


忙しいとストレスが溜まります。
仕事だ!
家事だ!
ロードレースもみなくちゃ!
お笑い番組もみなくちゃ!?
漫画も読まなきゃ!??

だんだん最後はあやしいですが。
そんなときには、千代助と遊ぶことと、絵を描くのが一番のストレス解消です。

犬は・・・遊んでたり・・・一緒に散歩してたりするだけで、のほほ~~んとした気持ちになれますね。

20080904w.jpg
「また最近雨ばっかりなのよ!お散歩行けなくて困るわ!!」by 千代助


なんてったって、明日休むために今週忙しくしていたんだものねえ~~!!
というわけで、明日はブルーノートにJOYCEのライブに行ってきます!
うふ。
うふふふふ。
カルペツ、2009年はカチューシャ(現ティンコフ)に移籍が決定したようです。

那津さんからコメントで教えていただきびっくり。
大急ぎでネットをみてみたら、情報がいろいろありました。

velonews.com

as.com

clingnews.com

いやいや、カルペツの移籍先をいろいろ想像してみたけれど、カチューシャ以外は浮かばなかったのですんなりと受け入れられましたが、そうか~ロシアチームに戻るのか。

他にも、マキュアン(現ロット)、ポッツアート(現リクアガス)、ステーグスマン(現クイックステップ)、ボチャロフ(現CA)、コロム(現アスタナ)、オラク(現ケースデパーニュ)、ヴァンデンベルフ(現Ag2r)らの移籍がきまっているそうな。

おまけにサストレにも交渉中とのこと・・・怖い・・・。
お金持ちって怖い!


にしても、ポッツアートは除くとしても、カルペツ・マキュアン・ステーグスマンにキリエンカ(現ティンコフ)なんかが並んだらとはなんというか悪顔チームだなあ!良い意味で!(??)
リクイガスのような男前チームではない、悪顔達がガンガン勝ちまくる事ができれば、それはそれでかっこいいというか、面白い??笑。


とにかく、来期のチームが決まってなによりです。
良かった良かった。
来年はツールで英姿が見られることを期待です!
2008.09.01 のほほん休日
雨上がりの日曜日。
友人の車に乗って秋葉原へ。

car0831.jpg

千代助も同乗です。
犬ながら、ドライブ気分なのか、フロント座席の真ん中から景色が見える位置に陣取ってました。



そして。
友人と旦那が買い物をしている間に、千代助と秋葉原を散歩。
aki20831.jpg
なんか、都会というか、アジアな景色だなあ~。


aki0831.jpg
初めての場所で、かいだことがない臭いにかこまれて、緊張気味のようです。
そんな、きりりとした顔しなくても・・・・笑。


kang0831.jpg
友人の車・カングーはでかくてかわいい~~。
でも、この黄色は目立つよなあ~~~笑。




そんなわけで、何をするでもなくドライブにつきあった休日でした。
連日の豪雨の後だと、雨が降っていない!!青空がみえる!!というだけで嬉しくなりますよね。
いや、ほんと。
でも、結局日曜日は夕方からまた大雨でしたが・・・・。




月曜になって、やっと一日雨が降らなかった武蔵野です。
夕焼けさんお久しぶりよー!
yuurail0901.jpg

ドイツツアー・ステージ1は、ゲルデマンが優勝。
この人は、ほんと山岳に強いなあ。
今年のツールは怪我で出場できなかったけど、出場していたら、やっぱり良い結果をだしてたんだろうな。
恐るべし、チームコロンビア!

ステージ2は、デラフェンテが優勝。
ツールでも活躍していたのに、リッコのドーピングいろいろに巻き込まれて完走できなかった可哀想なイメージのある彼。
良かったよ~~。
それにしても、この人のへらへらした表情がまたなんともいえず・・。
走っている時のりりしい姿と、自転車降りたときのへらへらのギャップがすごすぎます。



【今日のカルペツ】
プロローグ ST:21位(+6秒)

ST1 ST:19位 (+2:33秒)
    総合:16位 (+2:35秒)

ST2 ST:17位 (+10秒)
    総合:15位 (+2:43秒)


まったくもってドイツツアーのカルペツ画像にでくわしません・・・涙。
リザルトを見る限り、そんなに調子は悪くなさそうですが。

ここで頑張って、良いチームにひろってもらわないと・・・・。
ねえ・・・・・・・・・。
ブエルタがとうとう始まりました!

そして、ステージ2でバルベルデが優勝です!!!!
val0901.jpg
(バルベルデといえば「ニカッ!」としたスマイルです~♪)


おめでとう~~!バルベルデ!
おめでとう~~!毛ガニーズ!

毛ガニチームは本当に一人が優勝すると、全員で喜ぶよなあ~~。

ゴール手前のプリトのすばらしいアシストがあって、そして最後にバルベルデがすんごい加速でゴールラインをつっきるという、これぞバルベルデというゴールでした。


総合優勝は狙わず、ステージ優勝狙いだよ~と言っている今回のブエルタなのに、いろんなところで「今度こそは優勝を!」とか言われるのは・・・・きっとみんなの期待の高さなんだろうなあ・・・。
バルベルデくらいの実力があって、ステージ優勝だけ狙うなんて、許さないわよ。みたいな。

周りは気にせず、バルベルデらしい走りをしてください。


このブエルタでは、プリトのステージ優勝もみたいなあ~~。



そして、密かに期待しているのが、ミルラムの若人達とラボバンクのへーシンク。
レベリンもきっと活躍してくれるに違いない。

ああ、寝不足な日々がまたはじまる~~~♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。