上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.30 日曜日
最近ずっと、ロードレースの話題ばかりだったので、犬の話題でも。
(てか、犬とロードレース以外の話題なんてないじゃないか!苦笑)

日曜日の東京は朝からずーーーーーーーーーーっとざんざん降りの雨でした。
テレビを見たり、本を読んだり、ごっつええ感じのDVDをみたり、PCでロードレースのナショナルチャンピオンレースを確認したり。
のんびりでした。

でも、雨でも犬助の散歩はかかせないので、家族2人+1匹で散歩。
なんで、犬は雨でも楽しそうなんだろうなあ~~笑。

散歩後の千代助。
0629tiyo.jpg

パピヨン独特の耳毛(?)が濡れてすだれみたいになってます。
こうしてみると本当の耳の大きさがよくわかるなあ~~!
我が家にやってきた頃の千代助の耳はこんなだったなあ~。

いつもの千代助はこんな感じ。
0623dry.jpg

耳毛ふっさ~りのもっさ~り。
これじゃあ、どこが耳だかわかんないわ。
いろんな人に「大きな耳ねえ~!」と言われるわ!苦笑。

本当は耳はチワワと同じくらいなの、おわかりいただけましたでしょうか?笑。





最近、新潟と茨城両方の実家より夏野菜がどんどん届く!
というわけで、食卓が豪華だ!!
豪華だ!豪華だ!
0629dinner.jpg

野菜づくしの夕ご飯でした。
旬の野菜はおいしいなあ~~~~~~~。

スポンサーサイト
バルベルデ!スペインロードチャンピオン!おめでとう~~~~!!
サンチェス!スペインTTチャンピオンおめでとう~~~~!!
毛ガニーズおめでとう~~~~~~~~~~~~~~!!

おおお!!!

バルベルデ、すごいなあ~!
双子ちゃんが産まれてから(?)、絶好調じゃないか。
毛ガニーズを14人も送り込んでのチャンピオンシップとはいえ、どうやっても実力がなければ勝てないです。
今年は本当にバルベルデのツール優勝がありうるのでは????!!!
ひゃあ!
メンショフにも勝ってほしいし、ああ~困るなあ(贅沢で幸せな悩みだ!笑)。





ロシアはセルゲイ・イワノフがロシアチャンピオンとなりました。
sportbox
によると、90人でスタートしたレースですが、最終的にゴールしたのは22人だけだったそうな。
・・・・・・・・・・・・・。
何があったのか??

Result
イワノフは2位に2分以上の差をつけてのゴールだったので、逃げがきまったのだろうな。
カルペツやコロブネフ、エフィムキン達は無事にゴールしたのだろうか・・・・?
むーーーん。


イワノフはアスタナなので、これからのレースでロシアチャンピオンジャージが見れるのは嬉しいなあ!
あ、グセフもアスタナだった!
アスタナ・・・ホントに強いな!



その他の国もどんどん新チャンピオンが決定してます。
ツールでの新チャンピオン達のナショナルジャージ姿が楽しみ~。

カルペツ、ツール出場ならずのダメージもぬぐえないなか、ナショナルチャンピオンシップのTTの結果が。
なんと、3位!!!!!!

sovsport

cyclingnews

sport-express

優勝は昨年に続きアスタナのウラジミール・グセフ!
強い!!!
昨年はカルペツはロシアのナショナルチャンピオンシップには出場していなかったので、(というよりここ数年はツールがあくまでこの季節の最優先事項だったのでは?)何とも言えないけど、3位はやっぱり嬉しいなあ。
ポディウム的なものでいえば、去年のツール19ステージ・個人TTでの3位依頼ですよお!!
すばらしか・・・・。

ジロの骨折の影響もなくなったと考えていいのか?
とりあえず、一安心。


明日はロードです!
カルペツ、グセフ、コロブネフ、イワノフ、ウラジミール&アレクサンダー・エフィムキン、ボチャロフ、イグナチェフ、ペトロフなどが出場しモスクワの204kmで争われるそうです。

カルペツにはロシアチャンピオンジャージよりも毛ガニジャージが似合う気もするけれど、勝ってほしいのはもちろん!明日の結果が楽しみです。






TTリザルト
1. Гусев (ウラジミール・グセフ/アスタナ)- 54.58.
2. Крицкий (ティモフェイ・クリツキー?/カチューシャ)- 56.19.←まだ21歳!
3. Карпец (ウラジミール・カルペツ/ケースデパーニュ)- 56.51.
4. Шпилевский(ボリス・シュピレフスキー/プレティ マンジーミ) - 56.53.
5. Бельков - 57.07. (マキシム・ベルコフ/チームわからず!)←こちらもまだ23歳
あああああああああああああああああああ。
とうとう聞きたくない!読みたくないニュースが出回ってしまいました。

「カルペッツ、ツールメンバーには選ばれず・・・・」
ロシアのスポーツニュースサイト
sportbox
sport-express
スポーツエクスプレスの超意訳

『2004年のツールドフランス新人賞に輝いたカルペツが、今年のツールのメンバーに選ばれず。
なので、カルペツは明日から始まるロシアのナショナルチャンピオンに出場するし、(オリンピックの)ロシアチームのリーダーの一人とも考えられる。
カルペツはオリンピックというグループレースにおいて、その構成員の一人として大きく名乗りをあげた。
ウラジミール・グセフに次いで2番目の場所を確保という感じか。

カルペツのいるケースデパーニュにはバルベルデというすばらしいスペイン人リーダー選手と、2006年のツールチャンピオンであるペレイロがいる。
コンタドール曰く「バルベルデが有力選手の一人だね!」』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ツールに選ばれなかった事によって、ロシアのオリンピックメンバーとして急浮上ということでしょうか・・・・・。うーん。うーん。

でも、去年の世界選で2位に入ったコロブネフも今年のCSCツールメンバーには選ばれていないし、
グセフはアスタナなのでもちろんツールには出ないしし、となると、残りはメンショフか??
でも、メンショフはラボバンクのエースだし。
ほかにも、最近はロシア人選手がいろんなところで活躍しているので、カルペツもオリンピックメンバーとして全然安泰ではないのが辛いところだなあ。

チームロシアというかロシア国家がオリンピックの為にコロブネフやカルペツに密かに声をかけ、ツールにでて疲れちゃだめだ!とか言ってたりして・・・・・?ロシアならありうる・・・・?

なーーーーーーーーーーーーーんてね・・・・・。



とほほほほ。
涙。




でもまあ、ツール自体を楽しみますかああああ。

2008.06.25 がーん!
先日、カルペツが出場しないなら
「心をいれかえて、バルベルデ&毛ガニーズとメンショフ&デッケルの応援に切り替えなければ!」
なんて書いてたら、もういっこの夢もはたせず・・・・。

velonewsによると、「メンショフはリーダーだけど、デッケルは調子が悪いので、ツールリストから外れたよ~」
だなんて!!!

sportwereld記事と写真が合ってないぞ!元気そうなデッケルが泣かせる・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ああああ~~~~~~~~~!
メンショフ&デッケルの夢破れました。デッケルの新人賞を期待してたんだがなあ・・・・。

はあ。
これは、気合いを入れてバルベルデと毛ガニーズを応援しろ!ということか。
メンショフは地味に地味に応援しよう。。。

アルプスを試走するメンショフ
試走というか・・・雪道を自転車持って登山でしょうか?笑。





そういえば、ナショナルチャンピオンシップがもうすぐですが、毛ガニーズはスペイン選手権になんと14名もの選手を出場させるそうな。
cyclingnews
今年は好調なバルベルデをみんながサポートするようですね。
毛ガニの誰かがプリトに続いてのスペインジャージを手にしてほしいもんだ。



ああ・・・それにしても凹むなあ。
カルペツの出場やいかに!


2008.06.23 寝る犬
連日ですが、寝ている犬の写真です。
(いやほんと雨の日の犬は寝てばかりです)

tiyo06232.jpg

テレビの前でタマゴちゃんと一緒に。

ツール・ド・スイスに夢中な父と母に対して「私をかまってよ!!」といわんばかりにテレビの真ん前を占領中。



しかし、人間達はテレビに夢中。
tiyo06235.jpg

「つまらないわ・・・・・」という感じでしょうか?


tiyo06231.jpg

あきらめ+睡魔の千代助。
「ふ~~んだ、かまってくれないなら寝るんだもーん」


tiyo06234.jpg

もうまったくもって睡魔の勝ちですね。



tiyo06233.jpg

「寝るんだからかまわないでよお~~~~」



この後すぴすぴと眠っておりました。

テレビの前、うるさくないのかね??


ツール・ド・スイスも終わり、いよいよツール・ド・フランスの話題がそこいらじゅうで聞かれるようになっています。

ツール・ド・フランスの出場者リストというのが、現時点での関心事ですが・・・。
あれ?
cyclingfever.com
カルペツの名前がない・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ああああ、今年のツールの楽しみがあ~~!
楽しみが一つ消えようとしている~~~~~涙。


まだ、公式サイトの発表はなく、他のサイトではバルベルデ以外は未定!というサイトもあるので何とも言えませんが・・・・。今年はまったく調子のいいところはないし、ジロ前の骨折→手術という流れもあるし・・・バルベルデの有能なアシストになれるか確かに微妙だし・・・・。

早く公式の発表をしてほしい。
そして、この心臓に悪い時期を早く終わらせてくれ!


(カルペツが出場しないとなったら、心をいれかえて、バルベルデ&毛ガニーズとメンショフ&デッケルの応援に切り替えなければ!くうう~~涙)
2008.06.22 雨の犬
東京も雨ですね~梅雨ですね~~~。

雨。
散歩ない。
することもない。
寝る。
という事を繰り返している犬がいます。
sleep20622.jpg


ぐぴ~~~すぴぴぴ~~~~~。


気がつくと違う場所で寝ている。
sleep10622.jpg


す~~~ぴ す~~~~ぴ


雨の日の犬は寝るものですね。



先日、お隣さんより最中をいただきました。
monaka0619.jpg

これがおいしいのです。
一つ一つ中のあんこの味が違うという凝った最中。

気がつけば、もう残り少なし・・・。
雨の日に、足下に犬を寝かして、最中とお茶をいただく・・・。
お休みの日はそうでなくちゃあなあ~。

今日はツール・ド・スイス最終日。
F1もフランスです。
ああ~夜になると急に忙しくなるな~あはははは♪
連日ツール・ド・スイスを見ているので、とっても寝不足です。
開始時間24時05分て!!

今年は去年の総合優勝だったカルペツが出ていないので(涙)、純粋にレースそのものを楽しめています。

マキュアンが2勝したり、アントンがリーダージャージを守ったりと、わくわくする毎日ですが・・・
ですが・・・・

昨日のフランク・シュレックの落車には心臓が止まるかと思いましたよ!
バイクだけを残して、本人が崖に突っ込む姿をみたときには・・・最悪の事態なども思い浮かべてしまいました・・・。
でも、レース中に本人が崖を登って普通にしている映像が映り一安心。
その後、タイムこそ失ったものの、大きな怪我もなく完走していて本当によかった。
シュレック自身も、身体が無事だった事に感謝といったゴールシーンでした。


にしても、この大落車でまっさきに頭にうかんだのが、F1、2007年のカナダグランプリでのクビサです。コンクリートの壁に激突し、クビサの安否がわからなかったあのレースもリアルタイムで見ていました。その後、命に関わるような怪我がないと知り、本当にほっとしたものでした。

そして、クビサはあの大クラッシュから、憑きものがとれたように、早く強くなったような気がするんです。
今年は、奇しくも同じカナダでポーランド人として、そしてBMWザウバーとしても初の1位を獲得していますし、あの事故でクビサの何かがかわったんじゃないのか!!!!????


今回のシュレックの「落車・でも怪我なく生還」はあのクビサのようになるのでは?という気がしてならないのですよね~。
普通なら死んでしまっていてもおかしくないような事故から、元気に戻ってきた人ってきっと何かがかわるんじゃないかと。

ということで、これからのスイス後半、そしてツール・ド・フランスに向けてフランク・シュレックからも目が離せません~~~!
2008.06.19 カラ梅雨?
梅雨入りしたわりには、あんまり雨の降っていない東京地方です。

犬がいるので、毎日ざんざんと雨が降るというのも、散歩に行きにくくて困るけど、でも梅雨にはやっぱり雨が降って欲しいもんです。

gaku0615.jpg

青空をバックにしたアジサイも素敵ですが・・・「紫陽花」という感じがしなくて、もっと元気な花みたいだ。



でも、せっかく晴れているんだから!とまた家族3人で野川公園へ。

nogawa0615.jpg

野川公園はとにかく広い!
そして、あんまり混雑していない!(というよりいつもすかすかです)

ので、リードを長くすれば千代助も楽しそうに走り回っています。

smile0615.jpg


たくさん走ってこの笑顔。
やっぱり広々した芝生はいいねえ~~~!


でも。
思い切り走り回り、泥だらけではなく草の汁だらけになった千代助。
なんというか、草の青臭い臭いに包まれて、毛もじめっとぺたぺたしています。苦笑。

というわけで、帰宅後速攻シャンプーされてました。

tiyohime0615.jpg

おお!どこぞのお嬢様かと思ったよ!千代助さん。

シャンプー後はどよよ~んとおとなしくなるので、いつもの暴れん坊ではないおとなしめな感じに、ふかふか白い毛でお嬢様犬ですよ!

ま、すぐ泥だらけ、草だらけになるのだけど~~~~♪

ps、いろんな方から千代助の肉球をご心配いただきましたが、塗り薬と足を洗った後のしっかりドライヤーで見事に新しい肉球になりました。
動物の治癒力というか再生力は強いなあ~。
みなさま、ありがとうございました。

先日コメント欄で那津さんに教えていただいた、ロシアのナショナルチャンピオンシップ。
いろいろ調べたものの、どこで開催かも、誰がでるのかも、まったくわからず!!笑。

去年のレース情報はあるのですが・・・。
Race Website
Result
TTはグセフだったので、いろんなレースでロシアチャンピオンジャージを見ることができましたが、ロードのチャンピオンになったヴォリソフ(?)は去年はユニバーサル・カフェというイタリアのチームに在籍していた選手なので、ロードのチャンピオンジャージを2007~2008年でお目にかかることはありませんでした。残念!

今年は6月29日開催ということで・・・多分レースが終われば、リザルトが出ると思うので、それを待ちますか~~。
先日疲れ切って家に帰ってきたら、思いがけない宅急便が届きました。
あまりにも思いがけず、そして嬉しい贈り物だったので、開けるときに緊張してしまったくらいです!


何が届いたのかというと・・・・・
なんと、なんと、あのムツゴロウさんの描いたイラストです。
mutsu0612.jpg

それも、モデルは我が家の千代助!
おおおおおお!!!!!!!!!!!!!


なぜこんな素敵なものが我が家に届いたのかというと、1年くらい前にローソンのHPでムツゴロウさんがプロデュースした犬用おやつにちなんだキャンペーンをしていたのです。

毎月のテーマがあって、それにそった写真を送り、選ばれた人の写真をムツゴロウさんがイラストにしてくれるというものでした。(多分・・・あまりに前なのでうろ覚えです)
運良くあたればいいなあ~と応募したものの、残念ながら我が家の千代助の写真はその月のグランプリ(?)みたいなものには選ばれなかったのです。(テーマはおいしい顔だったと思います。)
でも、千代助の写真もローソンHPにちょこっと載ったし、満足満足と思っていたら、数ヶ月後にプ「レゼント対象となりましたので、作品ができあがり次第お送りします」といった案内がきたんですよ。

tiyoconer0612.jpg

(我が家の千代助コーナー)


しかし、その時点でも「選ばれなかったのに、なんの対象になったんだろう??」くらいにしか思っていなかったのです。
半年後に「作成に時間がかかっており、申し訳ありません」というお手紙とムツゴロウさんグッズが贈られてきて、初めて、これはもしや、本当にイラストになるのでは?!!!と。
ローソンのカスタマーセンターにお礼と「全然、急いでませんから!待ってますから!」という電話を入れたりして。


そして、それから半年。
昨日の作品到着となったわけです。

嬉しくてなんだかよくわかりません!
とにかく我が家の家宝です。


昔からムツゴロウさんこと畑正憲さんが大好きでした。
小説やエッセイもほとんど揃え、ムツゴロウ王国が東京にあったときには何度か足を運んだりしました。
ムツゴロウさんの講演を聞きに行ったり、個展を見に行ったり。
とにかくその人となりが大好きなので、このプレゼントは本当に嬉しい出来事でした。

ムツゴロウさんが我が家の千代助を描いてくれて、それが世界に一枚しかないものだと思うと・・・感動です。


毎日地味に暮らしていると、こんな嬉しいことがあるんだなあ~~~~。
smiletiyo0530.jpg

「あたしも、嬉しいの~~~~!」
「嬉しいね~~~千代助!」


那津さん情報によると、ジロ・デ・イタリアの間、カルペツは右手の舟状骨を骨折していたんだそうな!!!
ジロが始まる直前、TTT練習中の落車に巻き込まれた時に骨折していたとの事。
ということは、ジロ中はずっと「手がいてえなあ~~~」と思いながら走っていた訳ですね・・・涙。
今年のジロがいやに地味に終わってしまったのも、今となってはうなずけます。

無事に手術も終わり近々レースには復帰できるそうですが・・・・いや、ヒドイ骨折でなくて本当によかった!!!


しかし、昨年総合優勝したツール・ド・スイスの毛ガニ出場メンバーにカルペツの名前はなし。
やはり本調子ではないのと、骨折の様子見が必要ということだろうか。

ツールには・・・でるよね?でるよね~~~?涙。

今年はバルベルデがものすごく調子がよさそうなので、すばらしいアシストをしてバルベルデ総合優勝のために頑張らないと!そして、あわよくばTTでステージ優勝や、どこかでステージ優勝をきめてほしいのにいいい・・・・・。

はあ。正式なツールメンバーの発表をドキドキしながら待ちますよ。
2008.06.05 アジサイ
いつの間にやら東京も梅雨入りし、連日雨が降っております。
雨だろうと、なんだろうとかかせないのが犬の散歩。
たとえ、夕ご飯がヨーカドーで買ってきたお総菜になっても、散歩は行きます。
可哀想なご主人。苦笑。


雨の散歩といえば、最近はアジサイが至るところで綺麗な花を咲かせています。
hide06054.jpg

やっぱり青い花っていいですよね~~~。
雨によく似合う~~~。

hide06053.jpg

こちらはガクアジサイ。
花びらの縁のところだけが綺麗な青!というか水色。
なんでこんな色になるのかね~~。

hide06052.jpg

白から青への変化がすばらしい~。


hide06051.jpg

まだひらきかけのアジサイは蕾がグリーンです。


hideleef0605.jpg

散歩中に一番わあ~!と思ったのがこのアジサイの葉っぱ。
なんつーー色!作り物のように濃い緑から淡い緑がありました。
それが、雨にぬれて輝いていて、咲いている花よりも、目を引きつけるものがありました。
う~~ん、写真で伝わればいいのですが。。



連日の雨で千代助は長い散歩に行けないストレスで足を舐めてしまうのが原因か、散歩後の足ふきが不十分だったのか、肉球の一部がふやけて破れてしまうという惨事に!
見た目はものすごく痛そうだし、お医者さんでも「こりゃ痛いわ~!」と足の毛をバリカンできれいにカットしていただき、抗生物質やら、塗り薬やらをもらってあわあやしていたのですが、当の本人はまったく元気。
散歩しててもまったくいつもと同じように歩いてます・・・。
痛くないのか??

一応、家にいる間は足を舐めないように服をきせてみる。
futene0530.jpg

この雨用の服を着せると千代助はほとんど動かなくなりふて寝をしてしまう。
特に他の服とかわらないし、サイズも合っているのになあ~~~。

ま、傷が治るまでの我慢だ!ガンバロー千代助。
ジロが終わってしまいました。
今年はリアルタイムで全レースを見ることができました。
あまりに面白くて熱中しすぎて、終わった途端にぷつりと電池がきれてしまったようです。笑。
連日かかさなかった情報収集など、ロードレースに関する事は何もしなかったここ数日。
やっと、レース後のインタビューなどを読んでいます。



第18ステージは今年の世界選手権のコースを使った、大きなのぼりはないけれど、登って降りて登って降りてをくりかえし、カーブも多くて難しいコース。
逃げ集団の中から一番登りで厳しそうにみえたフォイクトが、早めにしかけそのまま逃げ切り優勝!
逃げ集団にベッティーニがいたので、ほかの選手達はベッティーニの動きに翻弄されて、フォイクトの逃げが追い切れないところにきているのに、気がつけなかった・・といった感じでしょうか。
確かに、もしかしたら引退するかもしれないベッティーニの最後のジロでのステージ優勝がかかったレースとなれば、みんなマークしますよ!



第19ステージは今年のジロ最後の山頂ゴール。
優勝したのは逃げ続けたティンコフのキリエンカ!
そして、なんといってもディルーカの攻める走りと、彼をサポートするチームのすばらしい働きがジロを盛り上げてくれました。勝利を狙うためには、動かなければ始まらない!とばかりに、しかけ、最終的に首位のコンタドールから21秒差の3位にまで詰めたディルーカ!
ここまでの走りをみたら、ディルーカにマリアローザを着て欲しかったけど、コンタドールは常にしたたかで堅実だった・・・。コンタドールは若いのに落ち着いた走りをするよなあ~~~~。



第20ステージはにわかカルペツ祭りで先にアップしてしまいましたが、ディルーカが前日の反動で総合陣からダウン。セッラが強さを証明したレースでした。
セッラの逃げの走りにタイムを広げたくないブルセギンにメンショフ。二人が中心に必死に先頭集団を引くのだけど、コンタドールはあえて?バナナを補給したりしてて余裕ですよ~~~苦笑。



最終ステージの第21ステージはド平坦(若干下りぎみ)の個人タイムトライアル。
カルペツの活躍を期待しましたが、連日の山で使った足が動きませんでしたねえ。。。。。
ピノッティが優勝!
そして、リッコとの4秒差を守りきりコンタドールが総合優勝。
2位にリッコ。3位にブルセギン。そしておしくも4秒差で4位のペリツォッティ。5位にメンショフ。
という結果でした。


いやいや、毎日毎日おもしろかったです。ジロ。寝不足になりました。
しかし、コンタドールの総合優勝よりもセッラの山岳でのステージ3勝よりも、マリアローザを着るヴィスコンティをアシストするベッティーニとか、ディルーカのアシストをするサヴォルレッリの姿が一番心に残りました。

19ステージのサヴォルレッリのアシストはすばらしかったし、そのアシストにこたえてひたすら攻めの走りをするディルーカはかっこよかった・・・。一番見ていてドキドキして、おもしろかった瞬間だと思います。
最終ステージの解説中に白戸さんに
「でも、サヴォルレッリは過去の優勝経験者として、今ディルーカのアシストという立場にいるのは、心情的にはどうなんでしょうか?」
といった質問をされた永井さんが、普通に
「いや、サヴォルレッリが優勝したときだって、こういったアシスト達に支えられて優勝しているのは彼自身よくわかっているでしょうから、今度はそういい立場になったという事でしょう。」
というような解答をされていて。
もう、それがロードレースのずっと昔から変わらない姿なんだろうけど、あらためて感動してしまいました。
だからこそ、19ステージのサヴォルレッリとディルーカとチームメイト達が輝いているんだよなあ。と。



【見せ場のなかったウラディさん】
ST18 45位   7.51秒遅れの大集団にてゴール
総合  32位   32.33秒遅れ

ST19 125位   36.53秒遅れ
総合  42位   1.03.05秒遅れ  

ST20 14位   5.27秒遅れ   
総合  31位   1.07.02秒遅れ 

ST21 22位   1.08秒遅れ
総合  31位   1.07.31秒遅れ

2539625738_984bc9c7fd2.jpg

photo by PJ's Photo's
チームTTにそなえるカルペツ&プリト。


カルペツは結果は全く残せなかったけれど、何度か山岳で逃げようとしたし(失敗したけど)、いつもの先頭集団で山を越えるのはできないけど、ちょっと遅れてマイペースに山をこなすという走りもステージによっては(?)健在だったしなあ。

去年の今頃はカタルーニャ一周で総合優勝して、2位のメンショフとニコニコしていたのに・・・今年は厳しかったなあ。苦笑。
でも、山岳が苦手なカルペツにとって、久々のジロはいい刺激になったのではないかな。
プリトも優勝こそなかったけれど、常にいい走りをしていたし。
この二人のバルベルデのアシスト&ステージ優勝を狙ってのツール出場を今から期待です。
(今年はさすがにツール・ド・スイスにはでないのではないだろうか・・・?)



ジロ終わったばっかりだけど、・・・・ああ、早く急いで帰ってきてライブ中継が始まる日々にならないかな。



ジロ・デ・イタリア 20ステージが終わりましたが・・・・・一人カルペツ祭りでした!

昨日の19ステージでは序盤にセッラなどと一緒にアタックするも決まらず、36分53秒遅れのグルペットでゴールしたカルペツでしたが(もちろんテレビには映りません)、逃げに乗ったのは、やはりまだ何かしようという気があるということかな?と思っていました。
(あまりに活躍の場の少ない毛ガニチームとしてのオーダーかもしれませんが・・・)

しかし!今日はテレビに映っていましたよ!!!!!

チマ・コッピでも集団から後れずに走っているカルペツを確認。
モルティローロ峠でも中盤くらいまでマリアローザ集団にいることを確認。

「おお!今日は調子がいいのか?」画面に映るカルペツに淡い期待が持てます。
ま、期待といってもステージ優勝とかそういう事ではなく、あくまで今シーズンいまいちだったので調子が上り調子であるのか?というような期待です。

こういった激坂では、登りの先頭集団からは遅れるものの、マイペースに山を登り、下りである程度回復するとい形がいつものカルペツの走り。運がよけりゃあ先頭集団にも下りで戻れるかも~というような。

それが、今日はびっくりの形で展開!
なんとマイペースに山を登ってガンガン下ってきたらあの人がいるじゃないですか!!
そうですよ、イタリア中、いや世界中の視線を集めるディルーカさんですよ!

『うあ~~~~~なんでよりによってディルーカさん、ここにいるかな~~!』とカルペツは心の中で叫んだに違いない!運悪くディルーカと一緒になったら、前を引いても、「カルペツ、ディルーカと同盟か?」とかスポーツ新聞(??)に書かれるかもしれないし、かといって引かなかったら後でディルーカ先輩にボコボコにされるかもしれないし・・・・。

『俺、地味なロシア人なのに・・・・』
どうにもいいように走れないカルペツに苦笑いのような、でもジロの最後の最後でがんがん中継に映してもらえて嬉しいような、微妙な一人祭りでした。笑。

明日のTTに備えれば足を使いたくないだろうし、総合順位でも全く関係のない位置にいるのに、なんでか運悪く下りでディルーカに追いついてしまった故のカルペツファンには嬉しい本日のレースでした。

でも、最後のラスト1キロ。
結局ディルーカを引くカルペツがでかすぎて、ディルーカがテレビに映っていないのは
「まずいよ!ディルーカを前で映さないと!!」と見ているこっちもかなり焦りましたが・・・・。
それに、身体の大きさが違うからやけにカルペツがのんびり走っているように見えるのも微妙~苦笑。でも、TTに備えてほんとに足を使わないようにしていたのかも。


毛ガニとしては最後にプリトの3位とよくわからんカルペツのテレビ中継で少しはアピールできたのではないかなあ~~~。なんて。


まだ、昨日のディルーカさんの感動ステージの復習もしないまま、とりあえずのカルペツ祭りでした。
明日には、逃げの画像がいろいろアップされるんだろうなあ~~♪♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。