FC2ブログ
第5ステージはプロコン・ティンコフのブル(ブラット?)が優勝!!
今年のジロ初の逃げが決まりました。

ケースデパーニュのペレスも逃げていたので、ペレスに頑張ってほしかったのですが・・・足が残ってなかったようです。でも、集団に追いつかれることなくなんとかゴール!よく走ったよ~~!!!

でもまあ、ミラーの自転車投げが一番印象に残ったのではないかと・・・・・苦笑。
いや~~あれは辛かろう・・・あそこまで逃げて、足も残っていたら・・・ジロのステージ優勝が不意になったんだもんなあ・・・。にしても、自転車降りてから投げるまでが早かった!苦笑。

観客が自転車はとってきてくれたようだったけど・・・・あの場にいた数名の観客のみなさんも冷や冷やだったろうなあ。
鬼の様な形相のミラー・・・いや、こんな顔になってしまうし・・・観客も静かに見守るわ・・・。


【本日のウラディさん】
ST5 53位  31秒おくれの集団にてゴール
総合 65位  2.04秒遅れ


velo-clubにルハノのインタビューがありました。
大雑把に読むと、ルハノ自身なかなかいい調子でジロに入れたようです。
でも、とにかく3週間のレースだし、山だし、危険はいっぱいだし何がどう転ぶかはわからない(超超意訳)という感じのようです。
ケースデパーニュとしてもルハノ・カルペツ・プリトの調子のいい人がエースになるといった感じで、現時点でのエースはいないようです。

でも、優勝候補を聞かれて、ディルーカやメンショフ、アスタナのメンバーと一緒に「もちろんぼくらのチームのカルペツも忘れちゃいけない!」的な発言が。
カルペツ・・・総合を狙うような走りは全くみうけられませんが・・・みんなが期待してるのよ~よ~。



がめんださんのイラストにも飛び入り参加のカルペツ。
確かに・・・長髪で無表情のロシア人だわ!笑。
嬉しくてきゃあ~~~と悲鳴をあげましたが、是非是非ステージ優勝とかでイラストになってほしいもんです。
現地レポートを読むと、ブルもカルペツと同じサンクトペテルスブルク出身だし、同じ自転車学校出身のよう。
ミニクーパーが好きというのも一緒。年齢もブル26歳、カルペツ27歳。
ともに10代前半からサンクトペテルスブルクの自転車学校にいたのだから・・多分少年時代に一緒に走っていたのではないかと。
2001年から2年間イテラ(Itera)にいたのだから、そこでも一緒に走っていたはず。
2003年にブルはロコモーティブへカルペツはバネストへと行き、そこで道が分かれたのだなあ~~!
カルペツは若い頃から期待されたけど、ブルはここへきてドーンとすばらしい勝利を手に入れたという事なのですね。。。なんだか感動。
あ、でも二人の大きな違い、カルペツは文学青年ではないと思う~~~笑。

同郷ブルの活躍に触発されてのいい走りをみたいぞ!カルペツ!

スポンサーサイト



2008.05.15 ベランダ報告
忙しい忙しいと騒いでいる人間をよそに、ベランダの植物達はすくすくと元気に育ってくれています。
bal0511.jpg


オリーブはどんどんでかくなるのですが、まだ花が咲いたことがありません。
一応2本ある木は別の品種なのですが、もう少し木が大きくなって根が安定しないと無理なのかなあ~。


クレマチスの「白万重」は今年も花芽をつけてくれました!!
kuremati0511.jpg

でもやっぱり去年と同じく2輪のみ・・・・なんでだああ????


ゼラニュームはほっておいてもどんどん咲いてくれます。
zela0511.jpg

あまり花のない我が家のベランダを華やかにしてくれています。

そのほかは、イチゴと大葉が元気に育っていますし、レタス、ミニカブ、パセリはやっと芽がでてきました。イチゴは今年はジャムが作れそうな感じで今から楽しみにしています。




そして、ここ数年ずっと大切にしているのがグミの木。
gumi0511.jpg

まあ、あんまりかまう必要もないのですが、毎年毎年花は咲くけれど実がならないので、植え替えたり肥料をあげたりとかまってます。
でも・・・やはり今年も実のなる気配なし・・・・・。
ま、気長にいきましょう。


疲れて帰ってきて、ベランダのいすにすわってぼーっと植物をみながら犬をなでるのは幸せな瞬間です。
この時間をもっといいものにしよう!と旦那に「ベランダ用のリクライニングチェアが欲しい~!欲しい~~!」と騒いでいますが、ずっと無視をされつづけている・・・。
私にはまだまだ植物がおける!と思えるベランダも旦那には狭くなっているらしく、我が家では「植物購入禁止令!」なるものまで出ております・・・・。
チッ・・・・。自分はどんどん本買うくせに・・・・。
チェアも植物もいいのがあったら勝手に買っちゃうんだも~~ん。

というわけで、我が家のベランダはどんどん狭くなっていくのでした。