上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日雨の合間を縫って野川公園まで歩いてみました。

近所の飼い主さん達がよく行くといっていたので、いつもは車で遊びに行っていたのだが、「歩いてもいけるんだ~!」と挑戦してみました。
結果、片道30分にて到着!
夏場でなければ、ちょうどいい散歩道ですね。

kasiaji0525.jpg

途中で柏葉アジサイが綺麗に咲いていました。

up0525.jpg

いよいよ梅雨ももうすぐですね~~~。

nogawapark0525.jpg

野川公園は芝生が広々広がっていてそれはそれは気持ちよかったのですが・・・・。
なぜ、私はサンダル(ビルケン)で公園に来たんだ!!
ビルケンじゃ芝生歩けないよお~~~~とほほ。

ということで、せっかく公園まできて、遊歩道をてくてく散歩して帰ってきました。
千代助すまんな。


そんな、今日も東京は一日ざーざーぶりの雨。
久々にネット更新をする母の横で、千代助は変なかっこうで寝ています。
顔・・・落ちてるよ。笑。
neru0529.jpg


早く雨があがってくれないかな~~。
散歩行きたいなあ~~~。

スポンサーサイト
あっという間に、ジロも最終週に。

仕事やら仕事やらでいつのまにかこんなにブログを空けてしまった・・・とほほ。
レース自体は毎日ライブで見ているのですが、見終わるとばたりと寝てしまうのですね・・・。
気を取り直してガンバロ~~と。

ドロミテの山岳はセッラそしてCSFの活躍が光りました!
そして、やっぱりコンタドールは強いなあ~~~と。


第12ステージは数少ないスプリンターが活躍できるレース。
これを、カヴェンディッシュがすばらしい最後の加速で追い上げ、ベンナーティとどっちが勝った???
空撮で見ても、スローで見てもわからんよ~というきわどいものだったのですが、なんと3センチ差で逃げていたベンナーティが優勝!!
ベンナーティはいい人でスプリンターとしても優秀で、本当にどこからみても二重丸な人のようですが、唯一びっくりな点が。
奥さんがイメージと違った。
・・・・・・・・・・・・・・・・失礼な!!苦笑。

mas.ciclismo経由で知った奥様→cyclingnews.com
セクシーダイナマイトだ。


第13ステージもスプリンターのためのコースでした。
昨日の雪辱をはらすのだ~~~とばかりにカヴェンディッシュが優勝。
強いなあ~~カヴェンディッシュ。
表彰台の彼をみるたびに、この肩幅のなさはロードレーサー向きだよな~~と思ってしまう。


第14ステージはとうとうやってきたドロミテの山岳ステージ第一日目。
逃げ集団からとびだしてセッラが優勝!
第7ステージでは後一歩のところでパンクして優勝をのがし、雨の第11ステージでは3回も落車したセッラ。そんなことがあったのか?というくらいの力強い走りでした。
一緒に逃げていたプリトにも頑張ってほしかったけれど・・・セッラの強さは飛び抜けているような気がする。


第15ステージは今年のジロで一番厳しくて辛いと思われるひたすら登って下ってを繰り返す山岳コース。
総合陣に変化が起きるか??と緊張して見ていましたが、またしてもセッラですよ!
やっぱりセッラの強さは・・飛び抜けていました。
プリトも一緒に逃げていたけれど、あれは一緒にというより、セッラについていくので精一杯だったと思う。あそこまでついていけただけでも、すばらしかったですよ。
もしや・・と思っていたカルペツは序盤セッラ達と一緒に逃げ集団にいたけれど、レース中継が始まった時にはもう遅れ始めていました・・・・・涙。
カルペツの足なら~逃げるなら~第14ステージじゃなかったかなああああああ~~~!
でも、攻めの気持ちがあるのだな!と確認できて良かったです。苦笑。


第16ステージは見たことないよ~こんな個人TT!というひたすら登り、未舗装区間あり、最大勾配24%ありの恐ろしいコースでした。
・・・・・これは山を登れる選手以外にはいじめです。笑。
特にスプリンターや、カルペツみたいに身体が大きくて平地のTTを得意としている選手には~涙。
ケースデパーニュのルハノが好タイムをだし、どこまで逃げ切れるか?とみていたら、やっぱりセッラが更新してきましたよ!あわやセッラ3連勝?強すぎである意味怖い・・・と思っていたところ、ペッリツォッティがセッラを6秒更新して優勝!
子供を連れて表彰台で嬉しそうにするペッリツォッティ。
ジロはいいなあ~~となんだか感動してしまいました。
総合陣では・・・シモーニがやっぱりTTが好調で順位を上げ、コンタドールも危なげなくマリアローザを守りました。
総合で順位は落としたけれど、メンショフのあんなに厳しい辛そうな表情初めてみました。
やっぱりここまできたら表彰台は狙ってほしいなあ!


休養日が明けて最後のスプリンター勝負になりそうな、第17ステージは常に集団をコントロールし最後の最後までチームとしてすばらしいレース展開をしたハイロードがグライペル1位、カヴェンディッシュ2位でワンツーフィニッシュ。
こう~アシストの選手が優勝できるレースというのは感動するし、アシストに勝利を譲れるカヴェンディッシュにまた感動。最後のスプリント勝負でハイロードは強さをみせつけましたね。
こりゃあ~ツールにカブが出るかとうか知らないが、出たらバシバシ勝っていくんじゃないかなあ~!


ということで、ばばばーと振り返ってみましたが、ここまできても総合陣がみんな近いタイム差でわらわらしてますよ!
コンタドールの強さはさすがに安定しているけど、ちょっとしたことでひっくり返るタイム差なので本当に最後の最後まで目が離せない今年のジロです。


【ここ数日のウラディさん】
ST12 87位   トップと同タイムの大集団にてゴール
総合  29位   12.58秒遅れ

ST13 124位  0.13秒遅れの大集団でゴール
総合  29位   12.58秒遅れ  

ST14 36位   13.33秒遅れ
総合  29位   10.04秒遅れ

ST15 64位   21.12秒遅れ
総合  32位   28.44秒遅れ  

ST16 44位   4.11秒遅れ   
総合  32位   32.33秒遅れ 

ST17 81位   0.04秒遅れの大集団にてゴール
総合  32位   32.33秒遅れ


やっぱり、15ステージで逃げきれなかったのが響きました・・・ここで20分以上遅れたもんなあ・・・。
でも、攻めることは必要です!涙!
せめて、その攻めている姿をテレビ中継でみたかった!!
む~残念!!

テレビ中継されなかった頃に頑張っている姿の数々。
バリアーニの後ろにカルペツ。
この時点で辛そうだ。

どうやっても、あと4ステージ。
最後の個人TTはど平坦だし。
最後までカルペツを応援しつつ、メンショフはどこまで粘れるのか!?
シモーニの逆転はあるのか!?そしてやっぱりコンタドールが逃げ切るのか!?
楽しみたいと思います~。
ジロも一応半分まできたらしいですが・・・後半に山場がありすぎるので、全然半分という気がしないです!
そして、先日はカルペツ期待の個人TTがありましたが・・・残念。。。
確かに平坦TTが得意なカルペツにとってあのコースは厳しいだろうなあ~とは思ったけれど、やはり残念な結果で終わってしまいましたあ~~~~~~~~~~~!!


第9ステージはイタリア人地元同士の対決をベンナーティが制して今年のジロ2勝目です。
ゴール際えええ?なんでえ~!というベッティーニもさることながら、この二人に抑えられてしまったツァベルとマキュアンが残念すぎる・・・・。
このジロでマキュアンの優勝をみないとなんだか気が収まらないので、どんな事をしても勝ってほしいもんですが・・・どうなんだろう、マキュアン。やっぱりベンナーティはどんどん強くなっているということなんだろうなあ~~~。

そして。期待期待の第10ステージ個人タイムトライアルはロバを飼うやさしいパパ、ブルセギンが優勝!
ブルセギンの人となりがとても好きなのでカルペツはいいタイムをだせなかったけれど、嬉しい限り。
でも、コンタドールがあまりにも惜しかった!!!!雨さえなければ~~!
いつもはあまり応援しないコンタドールを応援してしまった!笑。
確かに、雨で優勝こそはできなかったけれど、総合上位陣としてはコンタドールが頭一つ飛び抜けてますよ。と実感したステージでした。

そして・・・シモーニってあんなにTT早かったっけ??苦笑。
メンショフがかなりいい走り(ブルセギンから46秒おくれの6位!!!)だったので、ツールの調整とはいえ、ジロの表彰台も夢ではないのでは!!?なんて。頑張れ~メンショフ!


第11ステージは大小沢山の山山山続きで平坦のない厳しいコース。おまけに雨で落車多発!
この過酷なステージを制したのが36歳のベルトリーニ!!!
毛ガニのラストラスも逃げ続けて最後のバリアーニの落車の影響がなければあああ!という感じですが、あの落車がなければ、多分バリアーニが優勝したのではないでしょうか・・・。
ラストラス、すばらしい2位だと思います。


【ここ数日のウラディさん】
ST9 97位   0.04秒遅れの大集団でゴール
総合 42位   11.15秒遅れ  

ST10 25位   2.48秒遅れ   
総合  34位   12.58秒遅れ 

ST11 40位   3.53秒遅れの大集団にてゴール
総合  29位   12.58秒遅れ



着実に着実に順位を上げ、毛ガニチームとしては最上位にいるわけですが・・・いかがなものか・・。
コンタドールを基準に考えても、現時点で約5分は遅れているわけだし・・・今回のジロの目標(と私が勝手に決めている)2005年の総合7位より上位で終えるというのは厳しいのだろうか。
こうなったら、総合の順位とかではなく、活躍がみたい!
昨日のラストラスみたいに逃げでの勝利を目指すとかがみたいぞおお~~~!
2008.05.22 ついに!
先日のブログで
「ベランダ用のリクライニングチェアが欲しい~!欲しい~~!」と騒いでいますが、ずっと無視をされつづけている・・・。
と書きましたが・・・・おほほほほ!

買いましたよ!リクライニングチェア~~~!
じゃん!
chair0522.jpg


嬉しい~~~~。
フランフランのアウトレットで1900円でした!安!
と言うわけで、旦那にも無事に了解を得て我が家にやってきました。

さっそく使用していますが・・・・いいよお~~~すごくいい~~~。
今の季節はベランダが寒くもなく暑くもなく、植物も元気に生い茂っているので、とても気持ちがいいのですねえ~~~。

chair20522.jpg

まだ、クッションを作っていないので、とりあえず、座布団やらを敷いてごろごろしています。

最初は反対していた旦那も、「ここで横になると眠くなるんだよね~~~」だと。
うふふふ。そうだろう~~そうだろう~~だから買うべきだったんだよ!

千代助はあんまり興味がないらしく、ベランダ際で待機です。
tiyoji0522.jpg

「そんなとこでゴロゴロしてないで、かまってよ~~~」という感じでしょうか。

相変わらず散歩をしているのか、植物観察をしているのか不明な日々です。
目に止まる植物があると、千代助をおかまいなしに写真を撮っているいるので、千代助は不満そうですが気にしません。苦笑。

最近目につく白い花といえば・・・バラです。
rose30520.jpg

八重咲きの・・名前はわからないのですが、沢山のおうちの庭先で咲いています。
素敵です。

rose20514.jpg

これもきっとバラだと思います。
小さい花が沢山ついていて、ボリュームがすごいです。

kara-520.jpg

カラーと千代助。
地植えされていたカラーが綺麗な大きな花を咲かせていました。
東京では地植えでカラーが咲くのですね。

新潟にいたころ、部屋でカラーを育てていて、12月~1月くらいに咲いていたのを思い出します。
外は雪なのに、部屋の中では緑と白のカラーが綺麗に咲いていて、嬉しかったもんです。
多分、このカラーが自分で咲かせた花第一号だったような気がします。



そして、赤い花。
rose20520.jpg

目の覚めるような赤です!毎年このおうちのバラは本当に綺麗に咲いています。

rose10522.jpg

違う種類の八重咲のバラ。

flower0520.jpg

名前知らず第2号。花や葉っぱの感じだと、オセアニアの植物っぽいですが・・・何だろう?

randtiyo.jpg

謎の赤い花と千代助。


つい何日か前は大雨やら強風やらでしたが、こうしてどんどん季節は夏に向かっていますね~。
千代助との散歩も昼間は暑くてできなくなってしまうなあ~~~~。
ジロも3分の1が終了して、今日のステージを終えると休養日です。
早いな~~あっという間だなあ~~~。

連日プロコンが大活躍のジロ。
第6ステージは、プロコンチネンタルチーム、CSFのプリアーモが逃げのスプリント勝負をきめて優勝。
マリアローザも逃げ集団にいたヴィスコンティが手に入れました。


第7ステージは初の頂上ゴールステージ。
ステージを制したのはまたしてもプロコン、LPRのボシシオが優勝!
そして、後続での総合をめぐっての走りがすごかったです。
リッコをアシストするピエポリの鉄人のような走りに、ものすごい形相をでくらいつくディルーカ、そして、調子はまだまだといいつつぴったりマークのコンタドール。
中継中にサッシャが「栗村さん、ロードレースっておもしろいですね。」みたいなことを、ぽつりと今更ながらに言っていたけれど・・・・ほんと見ていてドキドキするレースでした。
ディルーカの頑張りは怖いくらいだ。
だからこそ面白くなっているのだけど。
カルペツさんは先頭集団には残れず・・・・4分近く遅れてのゴール。
TTでどれだけ挽回できるのか~~~。


第8ステージも最後が登りゴールだったのでリッコvsディルーカの総合争いが再び。
そして、ベッティーニもふりきってリッコが優勝ですよ。
どーもね、どーもリッコは強すぎてかわいくない!!と思ってしまうのだが、いやはや強いよお~!
このステージは毛ガニもそこそこ狙っていたと思うのです。プリトは常にいい位置にいたし。
でも、優勝争いにはからめなかった・・・・・。
カルペツが珍しく集団前方でゴール。
そろそろ、常に遅れないようにしないとね・・・。


【ここ数日のウラディさん】
ST6 40位   11.34秒遅れ
総合 66位   11.12秒遅れ  

ST7 35位   3.55秒遅れ   
総合 50位   11.15秒遅れ 

ST8 26位   トップと同タイムで集団ゴール
総合 42位   11.15秒遅れ

やっと、50番をきってきました。
ST8でのレース前スナップ。
にしても。
「相変わらずの威圧感のあるウラディミール・カルペツ」って・・・・・・・ひどいなあ。苦笑。
2008.05.18 シャンプー
久々に千代助をシャンプーしたら、茶色い水がでてきました・・・・。
臭かったしね・・・・。

で、シャンプー後は真っ白ふさふさこちゃんになっておりました。
sham0517.jpg


シャンプーを嫌がって逃げたりはしないけど、やはり良くもないらしく、シャンプー後はどんよりとしています。
ブラッシングも爪切りもカットも全てにおいて「嫌がってさせない」ということはないけれど、やっぱり「いや~~~~な感じ」はあるようです。

どんよりな犬。
jiii0517.jpg


ま、ご飯も食べてもう眠いわ~~みたいなときにいきなりシャンプーされるので、それもそうかも。笑。



シャンプー後の綺麗な姿を写真にとるべく頑張っりましたが、これが精一杯。
tiyo05171.jpg




というわけで、最後にはかわいらしい姿を。
日曜日のドッグランは人もいっぱいで、千代助もいろんな人にボールを投げてもらってご機嫌!
smiletiyo0517.jpg

「シャンプーなんかしてもすぐ汚しちゃうもんね~~!」

早速今日の散歩で尻にうんちをつけていましたよ・・・・。
というわけで帰宅後すぐに尻洗い。
2日連続で水災害の千代助でした。
第5ステージはプロコン・ティンコフのブル(ブラット?)が優勝!!
今年のジロ初の逃げが決まりました。

ケースデパーニュのペレスも逃げていたので、ペレスに頑張ってほしかったのですが・・・足が残ってなかったようです。でも、集団に追いつかれることなくなんとかゴール!よく走ったよ~~!!!

でもまあ、ミラーの自転車投げが一番印象に残ったのではないかと・・・・・苦笑。
いや~~あれは辛かろう・・・あそこまで逃げて、足も残っていたら・・・ジロのステージ優勝が不意になったんだもんなあ・・・。にしても、自転車降りてから投げるまでが早かった!苦笑。

観客が自転車はとってきてくれたようだったけど・・・・あの場にいた数名の観客のみなさんも冷や冷やだったろうなあ。
鬼の様な形相のミラー・・・いや、こんな顔になってしまうし・・・観客も静かに見守るわ・・・。


【本日のウラディさん】
ST5 53位  31秒おくれの集団にてゴール
総合 65位  2.04秒遅れ


velo-clubにルハノのインタビューがありました。
大雑把に読むと、ルハノ自身なかなかいい調子でジロに入れたようです。
でも、とにかく3週間のレースだし、山だし、危険はいっぱいだし何がどう転ぶかはわからない(超超意訳)という感じのようです。
ケースデパーニュとしてもルハノ・カルペツ・プリトの調子のいい人がエースになるといった感じで、現時点でのエースはいないようです。

でも、優勝候補を聞かれて、ディルーカやメンショフ、アスタナのメンバーと一緒に「もちろんぼくらのチームのカルペツも忘れちゃいけない!」的な発言が。
カルペツ・・・総合を狙うような走りは全くみうけられませんが・・・みんなが期待してるのよ~よ~。



がめんださんのイラストにも飛び入り参加のカルペツ。
確かに・・・長髪で無表情のロシア人だわ!笑。
嬉しくてきゃあ~~~と悲鳴をあげましたが、是非是非ステージ優勝とかでイラストになってほしいもんです。
現地レポートを読むと、ブルもカルペツと同じサンクトペテルスブルク出身だし、同じ自転車学校出身のよう。
ミニクーパーが好きというのも一緒。年齢もブル26歳、カルペツ27歳。
ともに10代前半からサンクトペテルスブルクの自転車学校にいたのだから・・多分少年時代に一緒に走っていたのではないかと。
2001年から2年間イテラ(Itera)にいたのだから、そこでも一緒に走っていたはず。
2003年にブルはロコモーティブへカルペツはバネストへと行き、そこで道が分かれたのだなあ~~!
カルペツは若い頃から期待されたけど、ブルはここへきてドーンとすばらしい勝利を手に入れたという事なのですね。。。なんだか感動。
あ、でも二人の大きな違い、カルペツは文学青年ではないと思う~~~笑。

同郷ブルの活躍に触発されてのいい走りをみたいぞ!カルペツ!

2008.05.15 ベランダ報告
忙しい忙しいと騒いでいる人間をよそに、ベランダの植物達はすくすくと元気に育ってくれています。
bal0511.jpg


オリーブはどんどんでかくなるのですが、まだ花が咲いたことがありません。
一応2本ある木は別の品種なのですが、もう少し木が大きくなって根が安定しないと無理なのかなあ~。


クレマチスの「白万重」は今年も花芽をつけてくれました!!
kuremati0511.jpg

でもやっぱり去年と同じく2輪のみ・・・・なんでだああ????


ゼラニュームはほっておいてもどんどん咲いてくれます。
zela0511.jpg

あまり花のない我が家のベランダを華やかにしてくれています。

そのほかは、イチゴと大葉が元気に育っていますし、レタス、ミニカブ、パセリはやっと芽がでてきました。イチゴは今年はジャムが作れそうな感じで今から楽しみにしています。




そして、ここ数年ずっと大切にしているのがグミの木。
gumi0511.jpg

まあ、あんまりかまう必要もないのですが、毎年毎年花は咲くけれど実がならないので、植え替えたり肥料をあげたりとかまってます。
でも・・・やはり今年も実のなる気配なし・・・・・。
ま、気長にいきましょう。


疲れて帰ってきて、ベランダのいすにすわってぼーっと植物をみながら犬をなでるのは幸せな瞬間です。
この時間をもっといいものにしよう!と旦那に「ベランダ用のリクライニングチェアが欲しい~!欲しい~~!」と騒いでいますが、ずっと無視をされつづけている・・・。
私にはまだまだ植物がおける!と思えるベランダも旦那には狭くなっているらしく、我が家では「植物購入禁止令!」なるものまで出ております・・・・。
チッ・・・・。自分はどんどん本買うくせに・・・・。
チェアも植物もいいのがあったら勝手に買っちゃうんだも~~ん。

というわけで、我が家のベランダはどんどん狭くなっていくのでした。
連日のジロ。
気合い入りまくりのディルーカがすごいです!!!!
ディルーカは画面映えするなあ~~~~。



第2ステージのゴール前ではプリトの激走に直立しての応援でした!
後もう少しゴールまで短ければ!後もう少し登り坂だったら!
と思いっきり「たられば」を言いたくなる惜しいゴールでした~~。
いい夢はみさせていただきましたが。
そしてリッコが優勝(←少しブーイング)。ディルーカでなくて?
ま、ディルーカが調子良さそうなことがわかったので充分です。

第3ステージはスプリントをベンナーティーが制してリクイガスデイ。

第4ステージはなんとまあ、カヴェンディッシュが優勝ですよ!!
あの、先日表彰台ですってんころりんとシャンパンでこけていた人ですよ。
栗村さんも「いい。いい。」とほめていましたが、あの垢抜けない若者臭はすごくいいなあ~~笑。
でも、どんどん勝利を重ねているので、すごいスプリンターになるんだろうなあ~きっと。

連日の落車でひやひやする毎日ですが、カルペツをはじめとして毛ガニーズがまきこまれていないのは、何よりです。今のところ地味な毛ガニですが、怪我人もいないので、これからの活躍に期待ですよ!!


【ここ数日のウラディさん】
ST2 83位   1.19秒遅れ
総合 80位   2.04秒遅れ  

ST3 100位  トップと同タイムで集団ゴール
総合 72位   2.04秒遅れ 

ST4 93位   トップと同タイムで集団ゴール
総合 72位   2.04秒遅れ


第2ステージでのカルペツ。なかなか元気そうです。



とうとう始まりました。
ジロ・デ・イタリア2008。

ケースデパーニュからは
41 PEREZ ARANGO Marlon Alirio  ペレス(コロンビア)
42 HORRACH RIPPOLL Joan      オラク(スペイン)
43 KARPETS Vladimir          カルペツ(ロシア)
44 LASTRAS GARCIA Pablo      ラストラス(スペイン)
45 PEREZ SANCHEZ Francisco    ペレス(スペイン)
46 PERGET Mathieu          ペルジェ(フランス)
47 RODRIGUEZ OLIVER Joaquin   ロドリゲス(スペイン)
48 RUJANO GUILLEN José      ルハノ(ベネズエラ)
49 PASAMONTES RODRIGUEZ Luis パサモンテス(スペイン)

の以上9名。


カルペツは2005年以来の2年ぶりの出場です。
山岳は厳しいけれどTTが4ステージとカルペツにとってはツールやブエルタよりも期待が持てる今年のジロです。

んが・・・・レース前のチーム練習でアローヨが落車し、カルペツ・プリト・フランペレスも転倒。
アローヨは左腕を骨折し、急遽ジロを欠場。(今年のエースなのに~!!!!涙)

これが響いたのか、どうなのか。
初日のチームTTはトップのスリップストリームから54秒おくれの14位。
もう少し・・・いけるか?と思ったが残念・・・・。映像にもほとんど毛ガニは映らない~~~。
そりゃ、ま、イタリアチームが優先的に映るわよね、あと有力チームとか・・・・。

【本日のウラディさん】
102位 0:54遅れ

とりあえず、テレビ画面で走っている姿をみれるだけで◎です。




去年のごたごたを払拭させてくれるような、ディルーカのV2を狙う走りもみたいし、初のジロに挑戦のメンショフも応援しなきゃだし、クレーデンにも頑張ってほしいし、もちろん毛ガニも!!
あ~~~~グランツール始まっちゃったなあ~~~。
嬉しいけど、寝不足は辛いけど、やっぱり楽しみだあ!!
2008.05.12 花めぐり2
ブログを更新しないと、日々の写真も溜まる一方。
忙しい忙しいといいながらも、千代助と散歩は行くし、デジカメも持ち歩くので、写真だけが増えてしまうと言う結果に。

そんな最近みかけた花たちです。

mokkoubara1.jpg

少し前まで東京はそこら中でこのモッコウバラが満開でした!
ボリュームがあって素敵~~この淡い黄色もいい色です。

fuji1.jpg

夕方に撮影したので暗いですが、藤棚です。
藤はその姿の美しさもさることながら、香りがいいのですよね~~~。
甘い香りが漂っておりました。

kesi1.jpg

誰かが植えたのではなく自然にはえたケシの花。
正式な名前はわからないのですが、空き地のようなところに沢山咲いていて、はかなげな姿と綺麗なオレンジの色が目をひきます。
kesi2.jpg

公園が占領されていました。


最後は、タンポポの綿毛。
tannpopo1.jpg

春も終わりだ~~~。

気がつけばもう5月だし、花の季節も終わって、緑の季節が始まります。
梅雨になればまたアジサイも咲き出すし、初夏の花めぐりもきっともうすぐですね。
2008.05.12 元気です
仕事場の移転やら、以前の仕事場に母の日のお手伝いやらで目がくるくる回るような日々でした。
振り返れば、帰ってきてご飯も作れずに寝てしまう・・・というのもの久々だったなあ~~~。
うーん、久々によく働きました。

そんな日々で、一番迷惑を被ったのはこの方。
0511mumu.jpg

嫌~~~な顔して覗いてますねえ~~~~笑。


そらそうだ。
ここ数日は朝から晩までお母さんいないし、お散歩に連れて行ってくれるはずのお父さんに急遽の仕事が入って散歩がなくなったりするし。
千代助にとってはまさに「最悪だ!!」という日々だったことでしょう。
にしても、嫌な顔してるなあ。。


でもまあ、ドッグランに行けばすぐにいつもの千代助です。
05113.jpg


家に帰ってきてボール遊びすれば、さらに笑顔。
smile05111.jpg

うへへへ。

05112.jpg

うししし。


そして最後はぐったり。
gute05011.jpg


そんな訳で、無事(?)にいつもの日々に戻れました。
ジロ・デ・イタリアも始まったし、更新も頑張ります~~。

ずいぶんと前の話のような気がしますが、リエージュ~バストーニュ~リエージュで我らが(?)ケースデパーニュのバルベルデが優勝~~~!!!
優勝ですよ!それも、2006年に続いて2回目の優勝~~!
春のクラッシクレースをしめくくる、伝統のレースでの優勝は本当に嬉しいいい~~~~~!!!

チームの働きとプリトのすばらしいアシストはもちろんのこと、何よりバルベルデが好調だったのではないかと。
バルベルデはいつもほんわか、いい人イメージなので今回の冷静そのものな走りに少しばかりびっくりしました!!(失礼だ。。。今までも冷静な判断ができるからこそ、あれだけの勝利を挙げているのですからねえ~~~!苦笑)

でも、表彰台のバルベルデはいつもの人のいい笑顔!!!
スマイルバルベルデ♪
28歳の誕生日を迎えてすぐの優勝!そして2回目だもんねえ~~~!


ケースデパーニュとしても、チームとしていい走りができて、エースが優勝というのは嬉しい限り♪
いよいよツールが楽しみです~~~ほほほほほほほ♪


それにしてもシュレック兄弟は残念だった!
レベリンにも勝って欲しいし、シュレック兄にも勝って欲しいし、もちろんバルベルデも!という状況だったので、最後の展開はおもしろいやら辛いやら、でも嬉しいやらでした!
あーーー楽しめたレースだったよ~~~ん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。