上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほけ~とウラジミールさんの永遠のアイドルである「Aria」をさがしていたら、オフィシャルHPをみつけました。

おおお~~~~~!なんかすげえ~~~!
「普通のロックが好き!」と言う割にはけっこうハードなんじゃないのか?

こちらのHPじゃ「ロシアンメタル」って言われてるし。でも、ものすごい大御所で有名なバンドということは判明。

ロック大好きだけど、聴くにはちょっとばかりの勇気がいりそうだなあ~。
でも、聴いたらめちゃはまったりして・・・・笑。
スポンサーサイト
2008.01.31 INTERVIEW その2
カルペツインタビューの後半!といきたかったのですが・・・その2になってしまいました。

csa0131.jpg

仲良しのメンショフとほがらかにおしゃべり~。

というわけで、続きです。

・「あまりにもたくさんの書類の手続きが必要だし、子供もまだ小さいから、私たちはしばらくの間旅行はしないんだ。
・スペインで充分いい時間が過ごせるし、見る物もたくさんあるから、「旅行するならバスク地方だよ!」と勧めるスペイン人の気持ちがよくわかる。
・なんてったって、料理がうまい!充分なシーフードに、バスクの肉料理は本当においしいんだ!」

・彼は数年前にインターネットにはまって、最新のものを揃えたり、かなりの時間をインターネットに費やした。
・でも、今の生活では一日のうちの2~3時間だって無駄にすることができない。だから「インターネットは仕事用!」と言う。
・彼は見た目と中身がかなり違うと人間のようだ。

・「なぜ長髪なの?と聞かれたら、「俺はハードロックとヘビメタの大ファンだから!」と答えれば正解?そうではなくて、ただたんに長髪が好きなだけ。ロックミュージックと恋に落ちるずっと前からそうだったんだ。ロックは自分にぴったりだし、それはこれからも変わらない。」
・彼は新譜を探しにミュージックストアをうろうろしたりしなくてもいいくらいの、大量のコレクションを持っている。
・彼のアイドルはずっとかわらずに「オジー・オズボーン」「アリス・クーパー」そして「ロシアのロックミュージシャン・Aria」。

・「なぜロックだったの?と聞かれても、90年代初期に少年時代をおくった者にとっては自然な成り行きだよ。
・ロックや、ハードロックを聴きまくって、ハードロックとは縁がなくなったけど、ロックは今でも自分の中にあるよ。
・子供達を起こしてしまう心配がなけれは、でかい音でロックを聴くし、カーステレオでも充分だ。でも、ipodはNoだよ!!ロックはイヤホンで聴くもんじゃないんだ!」

・「プロのサイクリングチームといのはものすごく奇妙なものなんだ。どうやってライダー同士の完璧な決断力をつくりだしているのか、想像もできないよ。他のスポーツと違って、個々のカレンダーで進んでいくし。
・マジョルカでのキャンプで一年に一回しか会わない選手もいるし、定期的に一緒に練習する選手もいるし、そして、一緒のレースで走る選手もいる。
・それはチームの中のチームのようにもみえる。
・パンプローナは自転車選手にとってすばらしい場所だ。
・私は有名な選手とばかり練習するわけではないけど、メンショフや、ガルシア・アコスタ、ザビエル・ザンディオは有名人だよね。」

・「私は今でもデニス・メンショフといい友人だよ。確かに彼がラボバンクにいって多少の変化はあったけど、それでも、互いに車で5分のところに今でも住んでいるよ。
・ロードレース界において、どこに住んでいるか?ということは、どのチームにいるのか?ということより大事な事かもしれない。
。私と同じ名前で今年のチームメートだったウラジミール・エフィムキンは居心地のいいイタリアから引っ越す予定はないよ。私たちはレースで会うだけだし、チームは彼の言葉の練習の為に、スペイン人のルームメイトを用意していたし。
・確かにエフィムキンとはそんなに親しくないけど、今年の彼のブエルタは強い印象を受けたよ!」

・2つの勝利で始まった今シーズン。彼は5~6月が今シーズンの一番いい時だったと認める。2つのプロツールでの勝利は、彼に自慢する気があれば、充分自慢できるものだった。
・「カルペツ一人で、他の選手達がシーズン半分で稼ぎ出す分のUCIの国別ランキングポイントを稼いでいたんだ!」とロシア自転車連盟の職員は当時のインタビューで幸せそうに答えていた。

・「カタルーニャでの勝利のほうがスイスでの勝利より簡単そうに見えるかもしれないけど、実際は正反対だったんだ。
・カタルーニャは若いときから練習で走っていたけれど、あの時の勝利は本当に厳しかった。
・逆にスイスでは脚もいい調子だったし、全てが計画通りに進んだんだ。でも、何よりチームの自分に対する信頼が一番だった。
・今まで何度も「まだおまえには若すぎる」と言われていたけれど、とにかくいい調子だったから、人生で初めて自分からきり出したんだ!「俺行けます!俺のために動いてください!」ってね。ためらいはなかったよ。」


というわけで、次はツールについての話などになります~~~。
う~~~ん、そうか~~スイスは自分から「俺行きます!」って言ってたのか~~。
端から見てる分には、最後にさらっといい感じで優勝をもらっちゃった・・みたいに思ってたけど、違ったんだなあ!
そんでもって、「ロックはイヤホンで聴くモンじゃない!」名言なのかなんなのか~笑。

次回でカルペツインタビューは終わりますが、この「CYCLE SPORT AMERICA」。
他にもモローのインタビューとか、いろんな選手のUCIへのコメントなんかも載っていて・・・ああ~当分、この翻訳生活が続くのかしら~~~でも、ぜんぜん英語能力が向上しないのはなぜなのか!!!
ま・・・じみちにね。
2008.01.27 INTERVIEW
「CYCLE SPORT AMERICA」に載っていた、ウラジミール・カルペツのインタビューを、なんとか半分ほど読むことができました(ネットと辞書を片手に!)。

今までのmyspaceでの彼とは違い、なんというか紳士的なインタビュー記事にびっくりです!
(ひどいなあ!笑。しかし旦那は「myspaceのカルペツが本物だ!こんな記事はいくらでも編集者が編集できるからね!」と、あくまで、軽い感じのカルペツが希望のようです・・・苦笑)

012601.jpg

変な牛とのにこやかな2ショット・・・・。


『サンクト・ペテルスブルクからスペインへ』と題されたインタビュー。
超意訳です。あ、とてつもなく長文の予感がしますので、箇条書きにしますが、興味のない方はすっとばして下さいね!


『クズネトソフの自転車学校時代から、プロツールで2勝上げるまでの彼の道のりを追う』

・彼にはロックスターのような外見とは裏腹に、レーサーとしての違う一面があるのだ。
・今から27年サンクトペテルスブルクにスポーツ大好き両親(イリーナさんとアレクサンダーさん)の元に産まれる。
・ロードレースという世界に入るにあたって、スポーツに理解のある両親の応援は何よりも大きな助けになった。
・最初に入った自転車学校は資金不足で閉校(ロシア自体が不安定な時代だった)。
・しかし、ラッキーなことに、アレクサンダー・クズネトソフに見初められ、彼の超有名なサンクトペテルスブルクの自転車学校に入学する。
・個人追い抜きや団体追い抜きでそこそこ成功するが、閉鎖的なところをぐるぐるまわるのはまっぴら!ロードこそ自分の運命!と思う。

・Itera(ガス会社がスポンサーの有名チーム)にてロードレースを走るようになる。
・プロ2年目の時に、Banestoのスカウトの目に止まるも、交渉権はなく、また、クズネトソフも彼をチームから放出したくなかった。
・クズネトソフの方法は、まるで旧ソ連時代の軍隊の生活のように厳しく、朝から晩まで自転車で、自分の時間は30分もない生活だった。
・ロシアの友人達はスペインに住み、世界中をレースでまわる彼をうらやましがったけれど、彼にとっては辛い時代だった。
・クズネトソフからは「彼らのチームは私が慎重に選びたい!彼らに他の選手のボトル運びだけをするような選手になってほしくないんだ!とにかく彼はまだ若すぎる!」と言われていたのに、自らBanestoのスカウトに電話をするウラジミール。
・Banestoにはすぐ有力新人として加入することができた・・・クズネトソフとちょっとしたしこりは残ったけれど。

・彼は今2歳半と5カ月の二人の男の子の父親であり、愛すべき妻、タチアナさんの夫でもある!
・彼女は普段は航空機の技術者で、今は家族のため時間をつかっている。

・Banestoでは言葉の問題や、主導権のなさ、死にものぐるいで新しい自分にならなけれはいけないという、過酷な時期もあった。
・そんな彼を助けてくれたのが、同じロシア出身のデニス・メンショフだった。
・メンショフは彼にとって友人であるとともに守護天使のようでもあった!
・パンプローナの中心地にお互いに歩いて3分の距離に住み、メンショフの御陰で彼は順調にチームにとけこむことができた。

・彼自身は認めないけど、彼はスペインでは立派なスターになった。
・遠出にはレンジローバー、街乗りにはミニクーパーを使い、郊外に素敵な3階建ての家を手に入れるまでになった。
・今住んでいるパンプローナはみんなお互いに顔見知りのような小さい街で、この町が大好きなんだ!
・しかし、人口400万人以上の大都市(サンクトペテルスブルク)で生まれ育ち、この生まれ故郷の全ての物も大好きである。
・サンクトペテルスブルク出身の他の選手達、エキモフ、ミハイル・イグナチョフ達に聞いてもきっと同じようにこの町のすばらしさを語ると思うよ。とのこと。

・スペインでは人生は静かに流れる。それは何よりすばらしい!
・スペインで子供用の家具を頼んだけれど、6カ月たった今でもできあがってはこない。ロシアだったら1週間でできるだろう。
・でも、そんなちょっと不便くらいのほうが、気取っていなくて自分には合う。
・スペインは太陽がたくさんふりそそぎ、何人でも気さくに話しかけてくれる国だから。
・ヨーロッパにはここよりもっと生活水準の高い街はたくさんあるれど、そこでは「ただのロシア人」としてしか扱ってもらえない。

・1歳半の息子は「エリック」、5カ月の息子は「シドニー」で、ロシア風の名前ではない。
・名前には彼らの未来があるから、ロシア風である必要はない。
・ロシアには時々休暇で帰るのが丁度良い。
・子供達は、このままスペインで教育をうけ、大きくなっていって欲しい。




長いですが~~~これでもまだ半分です。・・・・・・・。

でも、私にとって衝撃の事実!子供がいたのか!!ということが判明し、とてもとても有意義な翻訳作業でした。
奥さんくらいいるとは思ったが、二人の男の子のパパとは!!!あの風貌で!笑。
いや~いろんな発見があって楽しいインタビューです。
サンクトペテルスブルクでの自転車学校時代については知ってはいたけれど、こういう学校だったというのは初めて知ることだったし。
でも、クズネトソフさんとのしこりは大丈夫なのか・・・?
「時間が解決してくれる」みたいな事が書いてあったけど・・・・。



さ~残りの翻訳がんばろ~~~と!
なんか、大好きな音楽についても語っていたなあ~~~。と言うわけで、次回に続きます!



2008.01.24 雪の一周忌
本日は少しばかりしんみりとしております。

新潟の実家で暮らしていた、犬のタロウさんがあの世へいってから今日で一年でした。
taro0123.jpg


タロウさんは14歳まで長生きして、新潟の田舎でのんびり暮らしていたので、死んだ時も家族全員が「あいつは大往生だったねえ~」と言ったもんです。
しつけと無縁な犬だったので、噛むわ、吠えるわ、よく考えるとなかなか問題大あり!の犬だったのですが、逆に全てにおいて自由きままな犬だったなあ~と。
何でも食べる犬だったからか、焼いた後も歯が綺麗に全部残っていて、家族もびっくりしたけれど、火葬場の人にもびっくりされました。笑。


yuki01232.jpg

タロウさんの仕業・・・ではないでしょうが、今朝の東京は一面の雪景色で、なんとなく新潟みたいでした。

yuki0123.jpg

雪道だろうが、なんだろうが、ず~っと外の小屋で元気にしてたなあ~とか、雪道の散歩楽しそうだったなあ~~~なんて思い出したり。

タロウさん、これからも家族みんなを遠くから見ていておくれ~~!
そして、東京にいる、タロウさんの妹分(千代助)をよろしくよ~~!
と、お花とおやつをお供えしながらお願いした今日でした。

ちなみに、千代助は雪道のあまりの寒さに、散歩に出たはいいけれど5分で帰ろ~帰ろ~ってなってましたよ・・・タロウさんの妹分にしては弱虫だねえ~苦笑。
まず・・・・。
utaさん、ありがとうございました~~~~~!!!!!
無事に雑誌届きましたよ~~~~~~~~!!!!!
ほんとに、ほんとに、ありがとうございます~!!!!!

ずっと、ネットで探していて、でも日本じゃ買えなかった(私が探した限りでは・・)
「CYCLESPORT AMERICA」をスパーキーの森のutaさんが送って下さったんです!

うううう、嬉しい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


なんで、こんなに浮かれているかというと、あの無愛想ウラジミール・カルペツさんのインタビューが載ってるから!!!
きゃあ~~~~~~~!!

0121-1.jpg

ウラジミールさんの唯一の情報源、myspace(書き手が本人かどうかは未だ不明ですが!苦笑)で、かなり前に「俺の、すんばらしいインタビューと、セクシーな写真が載ってるからみんな読めよ!」みたいな、お知らせがあったのですよ。

さっそく探してみると・・・・ああ!
0121-2.jpg

うわ!なんだ、この優しい微笑みは!!!!
あははははははは。
セクシー写真なんてないけど(当然だ)、あの無愛想からは想像もつかない、にこやかな写真があって、それだけで嬉しくなりました。

まだ、本文を訳すところまではいっていませんが、ぱっと見ただけでも「ROCK」という言葉が目につくな~~あははは~~~ウラジミールさんぽいなあ~~笑。
あ~~訳すの楽しみ!

0121-3.jpg

・・・変な、牛と写真写ってるし・・・・。
(あ、後ろに、浮かれて写真を撮りまくるお母さんを不振な目で見つめる千代助が写ってる・・・・)


と言うわけで、これから数日間。仕事でどんなに辛いことがあっても、この雑誌があるので私は元気です。このほほえみ写真でかなりの間元気でいられること間違いなしデス。

明後日の1/22からTour Down Underも始まるし・・・ああ~いよいよ2008のロードレースも始まるなあ~~~!その直前に雑誌が届くなんて・・・2008年、いい年かも!なんて思えるくらい嬉しい本日なのでした。
2008.01.17 初雪
昨日の夜中、夜の散歩がてらに千代助と駅まで旦那を迎えに行ったら、雪がちらついてましたね~~~~!
東京は初雪だそうです。
そんなわけで、ちょっとの雨雲から降る雨も雪になってしまうほど、昨日今日と寒かったですね。

一番暖かいであろう2時くらいに散歩にいったのに、寒いこと寒いこと!
マフラー、帽子、手袋、ホッカイロ完備でも帰ってくる頃には鼻水たれてました・・・・。

散歩から帰ってきて、ホットカーペットに張り付く犬。
nuku0117.jpg



私は新潟出身者なのでよく「寒さに強い」と思われがちですが、ここであえて苦言を呈します(ますだおかだの岡田さん風に!)。

「新潟は雪は降るけど、関東よりは寒くない!」と!

確かに雪はどんどん降ります。子供の頃は朝起きると、2階まで雪が積もっている事もありました。でも、雪ってあったかいんですよ~~。新潟だと、雪は降るけど、気温は寒くても-2度くらいまでだったような気がするんです。
雪によって覆われると、それ以上寒くはならないという感じです。雪で作ったかまくらが暖かいというやつですね。

しかし!
東京(関東)は寒いよ~~~!何が寒いって風が寒いんだよ~~~!
こんな、顔が切れそうな北風、関東にくるまで経験したことないですよ!!!
ねえ、新潟出身者さん達!(って誰に向かって言ってるの??)

と言うわけで、あまりの寒さに苦言を呈してしまいました。
(ま、新潟も広いので、場所によって全然違うとは思いますが・・・)

neru0117.jpg

「ぬくいわ~~~~ぬくいわ~~~~ホットカーペットから離れられないわ~~」
っておばちゃんみたになってる千代助でした。
2008.01.14 今年も・・・
友人からSHIMANOのカレンダーを頂きました!
cal1013.jpg

じゃん!

砂田さん撮影のカレンダー。
いいです。すごくいいです。

写真に撮ったのは、フースホフトがステージ優勝したツールの写真ですが、ガッツポーズをするフースホフトの後ろのほうで、同じクレディアグリコールのメンバー数人がガッツポーズしているところがちゃ~んと写っていて、すごくいいなあ~~~~と。
エースの勝利を喜ぶアシスト達!これが自転車ロードレースだよな~と思える写真です。


というわけで、今年も自転車熱はいい感じです。

ケースデパーニュのチームプレゼンも終わり、元気そう(?)なカルペツの姿も確認できました。
赤目だけど珍しくすっきりとしているカルペツさん
後ろであくびしている人がいますが・・・・。

いつも貴重な情報を教えてもらっている那津さんのブログによると、今年はジロ・デ・イタリアにカルペツが出る可能性があるとか!!!!(ブエルタもツールもTT得意が得意で山が苦手なカルペツにとっては厳しいコースだもんで)今年のジロはTTステージが多いそうなので、かなり期待です。
うふふふふふふふ。

地味だけど、少しずつ少しずついい結果を残せているカルペツさんなので、今年は昨年以上のいい走りを期待です。そして、もうすこ~しメディアに取り上げてもらえるといいなあ~~!

おまけの犬。
nerutiyo1013.jpg

くてっと寝ているのがかわいくて思わず撮影。(←親バカ)


2008.01.10 雪国
ご心配をおかけしましたが、目は大丈夫ですよ~!翌日もまったく問題なしでした。
新年早々運が悪かったのか?良かったのか?きっと良かったんだろうなあ~。
でも、みんな心配してメールはくれるけど、コメントには残さずという・・・なんでやねん!笑。


では、もう正月気分も抜けきりましたが・・・新潟帰省の写真でも。
特に何の話があるわけではなく、写真が続きます~~のであしからず!

snow0103.jpg

関越トンネルを抜けるといきなりこの景色です。
本当に「長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった」ですよ。
そして、チェーン規制・・・・。
しかし、前日にチェーンを付ける練習をしたので、余裕です!
サクサクとチェーンを付け、時速40キロでごとごとと私の実家を目指します。

yuzawa0103.jpg


チェーン規制はわかっていたものの、通常1時間の道のりが3時間になるとは・・・。
「明日、スタッドレスタイヤ買いに行こうな!」と心に決めた二人と一匹なのでした。
千代助も普段なら睡眠タイムの高速道路が、チェーンによってゴトゴトするもんだから、全然眠れないんですね!う~ん、なんでもやってみないとわからんもんだなあ・・・なんて。

dannro0103.jpg

新潟の暖炉はあったかいよお~~~!
あったかいよお~~~~~~~~~!
でもこれ実は、実家とつながっている兄の家の暖炉。
実家も今改装していて、暖炉を入れるとか・・・。
確かに、新潟の寒さには暖炉が一番だよなあ~~。

maki0103.jpg

ハウスに山積みされていた薪。
う~~~ん、暖炉は本当に暖かいけど、これを割るのはまた重労働だよな。
いつか私も暖炉生活できるんだろうか?でも、そのときは薪割りができないとだめだしな。


yukitiyo0103.jpg

千代助初めての雪道散歩です。
でも、歩けたのは10Mくらい・・・どんなに歩こうが「だっこしてえ~~~」などと
歩みを止めたことのなかった千代助が、さすがに足が冷たかったのか、歩けなくなってました!笑。
やっぱりパピヨンは寒さに弱いってホントだったんだなあ~~~。

sanpo0103.jpg

そんなわけで、雪のないところを甥っ子達と散歩です。
子供が3人にみえますが、真ん中はいい大人の私・・・・。
新潟の散歩って感じで、私は見ているだけで嬉しくなる写真ですが・・・雪が嫌な人には「なんでこんな寒そうなとこ散歩してんのおお~~~!?」って感じでしょうか?笑。

suya0103.jpg

というわけで、雪国では「ね~こはコタツで丸くなる~~♪」ではなく「千代助は~ホットカーペットで丸くなる~~♪」でした。


ああ~~~やっぱり私は雪や寒いところが好きだな~~~と再確認した帰省だったのでした。
2008.01.07 大当たり
今日は、本当は正月に帰省した新潟の雪景色でもアップしようと思っていました。

しかし、当たってしまったのではしょうがありません!
内容変更です。

何に当たったのか!?というと・・・・。



テニスボール!
それも、直球!
右目に!
眼鏡破損!
ひ~~~え~~~~~~!!!


glass0107.jpg

綺麗にフレームがわれ、片目のレンズが外れましたね~~~。
いや~びっくりしました。


お天気が悪くなるようなので、早めにいつものドックランで千代助とボール遊びをしていたら、近所のちびっ子がやってきたわけですね。
で、犬と遊びたくてしょうがないようなので、ボールを投げていいよ~と遊ばせていたところ・・・なぜか、真横にいるこっちにテニスボールが直撃ですよ!
なんでよ!なんでまっすぐなげて、横にボールがくるんだ!ちびっ子よ!
目の前に★がチカチカしましたよ!
小学1年生のコントロールを甘く見てはいけませんね。
やつらは危険だ!苦笑!


しかし、いい大人ですから痛みを我慢し「大丈夫だよ~~」と心配そうにするちびっ子を安心させ、右目をおさえて帰宅したら、マンガみたいに右目の周りが腫れてまして。あははは~。
一応心配なので、医者に行ったのですが「う~ん、傷もないですし大丈夫ですね!」と目薬も出されませんでした・・・・。ほっ。

ああ~~~良かった。何もなくて良かった。

にしても、新年早々大当たりだよ。
これだけ大当たりしたのに、大けがにならずにすんだのは、朝食べた「七草雑煮(?)」のおかげか??
縁起担ぎは大事だな!と実感した今日なのでした。

tiyo0107.jpg

「お母さん・・・・これからもドックラン行ってくれる??
ボール投げしてくれる・・・?」

「大丈夫だよ~千代助!またドッグランには行くよ~~~!
でも、もうちびっ子にはボール持たせないぞ!!!」
2008.01.06 謹賀新年
明けましておめでとうございます。
ご挨拶が遅くなりましたが、2008年もよろしくお願いいたします!!!


年末年始はそれぞれの実家に帰っておりました。
もちろん千代助を連れて。

今では、どちらの実家に電話をしても
「で、千代ちゃんはどうしてるの?よく寝てる?大丈夫?元気?」などと言われるくらい、我が家で一番心配され大事にされているのは犬ですからねえ~~~。

そんなわけで、ちやほやされてましたよ・・犬助。
旦那の実家ではサクラ姉さんの隠し財産(食べかけのおやつ)を次々に掘り当て、普段食べた事のない様なおいしい~~~いご飯を頂き(サクラ姉さんのお口に合わなかった高級犬缶!!)、板の間で寒~~~い我が家にはない「こたつ」を満喫していました。

結局、腹一杯食べて、ぬくぬくしてるもんだから、寝てる写真ばっかり!!!

tiyo01011.jpg

ぐ~~~~~・・・・。

gu01012.jpg

こたつはぬくいなあ~~~~~・・・・。

gu01013.jpg

いくらでも眠れるだ~~~~~・・・・。

01021.jpg

あ~しあわせええ~~~~・・・・・。
後ろで丸くなってる茶色いかたまりはサクラ姉さんです。



というわけで、新年早々ぐーすか寝ている画像ばかりで申し訳ありません。
今年も、千代助と我が家の人間達をよろしくお願いいたします!

tukuba0102

1月1日の筑波山。どーーーーんとそびえておりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。